映画版『ザ・シンプソンズ』騒動の歴史を繰り返す?[Halo4声優変更問題(PART1)]

Halo4キャスト変更問題

「なぜ今更チーフとコルタナの中の人(声優)を変えた!?」
――というのがこのニュースを知った瞬間の感想。
 
 今回の件の異常性を例えるなら、ドラマ『相棒』のプロデューサーとかが「ぼくがかんがえるさいきょうの『相棒』に合わないから」という横暴な理由で水谷豊さんや六角精児さんを降板させ、その時流行っている俳優や芸人を新たな右京さん・米沢鑑識官にしてしまうというトンデモ行為である。
 こんな感じによろしくない形で“お約束”を破る事が『Halo4』で起こったのである。

 

【キャスト変更反対の署名活動が開始される】
Halo Waypoint公式フォーラム

  • 今回の件を343Industries本体と海外ユーザーに伝えるべくトピックが立てられた。有志の方がここで抗議の声を上げている。
  • なお、日本語のみでの投稿は受け付けられなくなった模様。意見を言いたいなら英語(+日本語)で投稿を

HALO4日本語版キャスト変更問題 反対署名用掲示板

  • HaloWaypointでの抗議活動と同時並行で署名活動を開始。
  • 10月3日よりXbox Liveのメッセージ機能を経由したゲーマータグ非公開での署名も受付を開始

Haloは誕生して1年2年どころの作品ではない

 Haloシリーズは10年の歳月を経てすっかり成熟した作品である。その10年の間で日本でも「マスターチーフ、コルタナ、軍曹の声と言ったらコレ!」とイメージが定着したはず。
 それなのに、なぜ今さら主役の声を変える必要があるのだろうか? 「中の人が病気になった」「大人の事情が発生した」とかやむを得ない事情があるなら仕方ないが、そういった噂は今のところ流れていない(ただ【Togetterまとめ2】に書かれているような可能性はあり得る)。また、物語の中での環境の大きな変化等は起こっていないようなのでキャラの声が変わる理由は見当たらないし、そもそも本家である英語版はSteve Downes氏(チーフ役)とJen Taylor氏(コルタナ役)が旧三部作からそのまま続投するという。

声優変更はオーディオディレクター戸島氏の一存によるもの?

 情報を漁ると、今回の声優変更はオーディオディレクターを務める戸島壮太郎氏が関わっているという。

Game Watch – Microsoft、「Halo 4 Showcase Event」でSpartan Opsモードを初公開 「Halo 4」オーディオディレクターの戸島壮太郎氏に意気込みを聞いた”より
 戸島氏は驚いたことに日本語版のローカライズにも深く関わっているという。理由は日本語吹き替えの声優のチョイスを戸島氏がやっているからだという。となると気になるのは声優の起用である。戸島氏によれば、「それはごめんなさい。まだ発表できません(笑)。「MGS4」では多くの声優さんとお仕事をさせて貰って、今回人選をすべて自分で行なうことができましたし、翻訳や原稿もすべて自分でチェックしています。マスターチーフとコルタナ、そして何人かの重要人物の声優にはこだわったつもりです」という発表が楽しみなコメントを寄せてくれた。


※引用文中の強調は管理人によるもの。

 また、キャスティングについて戸島氏は【Twitter】辺りで「チーフもコルタナも、今までとは役割が異なるので変えた」という旨の発言をしているらしい。
 しかし、「今までとは役割が異なるから声優を変える必要がある」と言うのであれば英語版も声優を変えますよね? でも英語版は前作のキャストがそのまま続投。343Industries本体が役者を変更しなかったのは、旧三部作のチーフとコルタナが必要であるからだろう。
……なんか戸島氏が言ってる事は矛盾しますよね。つーか、この分だと仮に軍曹が生きていたら軍曹の声までも変えそうな気がする。

エヴァ新劇場版もキャラが変化してるがキャストは変えず

 記事を書いてから思い付いたのだが、例えば『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』も『破』以降はほぼ新作同然かつ性格・役割が変わったキャラ(アスカが顕著)がいるけど、それでもキャストは旧作の人がそのまま続投してますよね? これも戸島氏が言う「今までとは役割が異なるので変えた」への反論になりそうな気がするのだけど……。
 キャラは変化しても、エヴァくらい著名な作品となると「あの声あってのキャラクター」という声がある事も制作陣は予想していただろうし、また旧作を共に作り上げた声優の技量を信じたからこそキャストを続投させたのではないか?

旧三部作の制作スタッフと声優の仕事を否定?

 また、先日のXbox360“大”感謝祭において戸島氏はビデオメッセージでローカライズについてこんな発言をしている。

ファミ通.com – 小山力也のマスターチーフと藤村歩のコルタナが初お披露目――『Halo 4』パネルディスカッション【Xbox 360『大』感謝祭】”より
戸島氏のビデオメッセージも公開され、その中で同氏は「日本語版は僕にとって大事な作品。僕と日本の優秀なローカライズチームの目標は“ローカライズと感じさせない”ことです。日本語版がオリジナルなんじゃないか? と思ってもらえることを目指しています。

「セリフの量が膨大になり、難しい表現、エモーショナルな表現を演じきれる方を探した」

 こう語っているが、これって旧シリーズ6作品のローカライズを続けてきたスタッフや声優の仕事を否定しているようにも聞こえる

映画版『ザ・シンプソンズ』の騒動再び?

 話を追いかけると、今回の声優変更は「戸島氏の自己満足」または「力ちゃん・藤村さんのネームバリューを利用した新規層獲得のための“安易な”宣伝戦術」である感じが強い。役者が病気になった、高齢による世代交代などといった正当な理由でなくキャストを大きく変更してしまうと大きな反発を招くことは容易に想像出来るはずだ。
 実際、TVシリーズが10数年続いてキャラのイメージが定着している『ザ・シンプソンズ』の映画版において安易な宣伝目的で吹き替えの声優を芸能人に変えたところ大炎上し、ファンの抗議活動もあって結果20世紀FOX映画社はDVDに元のTVシリーズのキャスティングによる吹き替え版も収録する(つまりDVDには芸能人版とTVシリーズキャスト版の2つを入れる)という対応に追われた事例がある。

 ちなみに、もっと前には『ショムニ』の映画版で江角マキコから高島礼子へ変えるなどいきなり過ぎるキャスト変更をやって大コケしたという事例もあったりする。

戸島氏や日本マイクロソフトは詳細な説明をしてくれ!

 勢いであれこれ書いてきたけど、10年の歳月を掛けて作り上げられ、ファンに親しまれてきたマスターチーフとコルタナをいきなり変えてしまうというのは戸島氏の横暴であると思う。私はシリーズファンとして今回の声優変更に異議を申し上げさせていただく。
 あと戸島氏は賛成派の人達だけにコメントを返すのでなく、反対派の疑問にもちゃんと答える姿勢を見せてください
 
 なお、大事なことなので三回繰り返すが、英語版では旧作の声優がそのまま続投している。物語の途中で声が変わるという可能性もあり得るけど、元々のキャストが全く必要ではないというわけじゃないのは明らかであろう。

可能性がゼロでなければ行動してみる

 記事の冒頭にリンクを張ったが、この問題を343Industries本体と海外ユーザーに伝えるべくHalo Waypoint公式フォーラムにトピックが立てられ、有志の方がそれぞれ意見・抗議の声を上げている。また、8月31日からは反対署名も始まった。

Halo Waypoint公式フォーラム

  • 箱のアカウントを持っていれば投稿可能。シルバーメンバーシップでもOK
  • ただし日本語のみでの投稿は受け付けられなくなった模様。意見を言いたいなら英語(+日本語)で投稿を

HALO4日本語版キャスト変更問題 反対署名用掲示板

  • HaloWaypointでの抗議活動と同時並行で署名運動を開始。
  • 10月3日よりXbox Liveのメッセージ機能を経由したゲーマータグ非公開での署名も受付を開始

 なお、「この件を343本体に直訴するのは筋違いじゃないか?」と言う人がいるが、この騒動は343内部のスタッフである戸島氏が引き起こしたのだから343に直訴するのは的外れではないだろう。それに、日本MSに抗議を送ってもそこで握りつぶされる虞もあるので、保険の意味で343にも直訴するのは妥当だと思う。
 また、「どうせ抗議したって…」と諦めている人も見られるけど、先述の『ザ・シンプソンズ』のように時間が掛かっても元のキャストがカムバック出来たという事例が実際にあるので、可能性がまだゼロでないなら座して死を待つのでなく行動してみても良いのでは?(反対なのに黙ってるのは賛成するのと同じになってしまう)
 

映画『ロード・オブ・ザ・リング』でも制作元に直訴した事例が ※11月7日追記

“2ちゃんねる – Halo4 吹き替えキャスト変更問題 Part 8”より
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/famicom/1351170507/748
 
748 :なまえをいれてください:2012/11/07(水) 20:09:43.97 ID:W8FDHXBD
フランクって小山の事かと思ったらオコナーかよw
誰か直訴してくれないかな。
これからの抗議とかだけど、シンプソンズは国内で完結した感じでここからは正直参考になりにくいけど
LoTRの方はは海外に直訴した形だったみたいだしかなり参考になりそうだな
http://herbs.la.coocan.jp/

 このサイトの説明によると、映画『ロード・オブ・ザ・リング』において、字幕翻訳の出来が酷かったために日本の配給会社である角川ヘラルドと海外配給元のニュー・ライン・シネマへ抗議・直訴したという事例があったという。実際、海外の制作スタッフが嘆願書に目を通し、紆余曲折を経て翻訳の出来が改善されたそうな。

関連記事
関連リンク

 

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.