[噂]PROJECT ACES新作? 『戦場の絆』のPOD筐体を利用したアーケードゲーム『ソニックストーム』のロケテスト実施

記事公開日:

Category: マッハストーム (tag: , )

 「E3 2013」終了後に河野プロデューサーがうpした写真で、エースコンバット界隈は「エスコン新作か?」とちょっとざわついている(『04』以来の「ナンバリングタイトル“ほぼ”3年周期で発売の法則」からすると、2014年に新作がリリースされる可能性があるけど……)。

河野プロデューサーのツイート”より
E3も終わりました。明日から帰国しますー。 https://twitter.com/kazutoki/status/345451070606147584/photo/1
「E3 2013」終了後に公開された『エースコンバット インフィニティ』のロゴ画像

 で、E3と同じ頃に日本のゲームセンターではとあるアーケードゲームのロケテストが行われていた。

その名は『Sonic Storm』

偽の字さんのツイート”より
おおよそ7年たってP.O.D.を利用したソフト第二弾(のロケテ)が出るような感じ。1クレだけやったけど絆が安く感じれる!!!すごい!!!!! https://twitter.com/ExTranslation/status/343607206568132608/photo/1
『ソニックストーム』ロケテスト@namco梅田店

ゲームエース総合さんのツイート”より
今日はラゾーナ川崎でロケテ中のソニックストームと言うガンダムの絆筐体を使った、まぁ言わばエースコンバットを絆筐体でやるゲームをやって来ました!1P200円レバーと椅子に震動、風が出たりと、個人的には面白かったです。ロケテは明日まで! https://twitter.com/ace_sougou/status/345867744736079873/photo/1

 そのアーケードゲームの名は『Sonic Storm(ソニックストーム)』(後に『マッハストーム』に改名)。アーケード『機動戦士ガンダム 戦場の絆』のPod筐体を使った戦闘機ゲームであるとのこと。この『ソニックストーム』のロケテが6月9日に「namco梅田店」で、そして6月16日に「ラゾーナ川崎」のナムコヒーローズベースで実施された。
 なお、『ソニックストーム』は今年2月にアメリカでロケテが行われていたそうで、今思えば検索ワードで「エースコンバット7」とかあったのはこれを指していたのかもしれないな。

iMpさんのツイート”より
アメリカで戦場の絆のPod筐体使った新ゲーム「SonicStorm」ロケテ中かー。フライトシューティングみたいね。 > Seen on Location Test USA: Namco’s Sonic Storm http://arcadeheroes.com/2013/02/26/seen-on-location-test-usa-namcos-sonic-storm/

「アフターバーナー+アサルト・ホライゾン」的なゲーム?

 さて、Twitterでフォローしている人がラゾーナ川崎のロケテに行ったそうなのだけど……

日間 陣さんのツイート”より
確信。これ、アサホラチームがかかわってるわ。自機がノスフェラトゥだし飛び方がどうみてもアサホラのドッグファイドモード。 http://via.me/-crxxqlo
日間陣さんの『ソニックストーム』レポート
 
https://twitter.com/HimaDjinn/status/346079917919842305”より
操作はいわゆるノービス操作のみ。操縦桿の配置は戦場の絆の右レバーを置き換え。左はそのままボタンだけ固定されててスロットル。操縦桿には機銃とミサイルのみで捻れないので、どうやらヨーは無い。
 
https://twitter.com/HimaDjinn/status/346082272706981888”より
3ゲームほど飛んでみた。エースコンバットとして遊ぶと完全に別物なんだけど、タイムクライシスとかバーチャコップみたいな、レールシューティングの飛行機版、と考えるとしっくりくる。思ってたより楽しい。エースコンバットとつけなければ評価も違ったのに、ってのを実体験するとは。

日間陣さんの話から推測するに、『ソニックストーム』は『エアーコンバット(エースコンバットの祖先)』のようなフライトシューティングではなく、アフターバーナーなどのような形式のゲーム(レールシューティング)に『アサルト・ホライゾン』のDFM(ドッグファイトモード)をミックスさせた物のようだ。先に出した海外記事「Arcade Heroes – Seen on Location Test USA: Namco’s Sonic Storm」にも、コンボ(チェイン)ボーナス他に「Clean Kill」というDFMクイックキルボーナスみたいな要素があると書いてある。
 

フライトシューティングの入口となるように作ったゲーム?

 この『ソニックストーム』について河野プロデューサーは次のようにコメントしている。

河野プロデューサーのツイート”より
@HimaDjinn ありがとうございました。お子様方でも直ぐに楽しめるモノになっているかと思います。実稼働は未定ですが、戦闘機ゲームへの興味、エスコートになってくれればと願っております。
 
https://twitter.com/kazutoki/status/346095318171021312”より
@occhanF そうそう、スパガが熱いっ!いやいや、弊社「ソニックストーム」のロケテやってましてね、なかなか熱い数字を叩き出したみたいで。一安心。と、休日出勤日のスタッフお疲れ様。なんです。

そういや「戦闘機ゲームへの興味、エスコートになってくれれば」について、河野Pは少し前にこんな事を言ってたっけ。

河野プロデューサーのツイート”より
まー。あれです。兎に角、戦闘機ゲームに興味を持って頂けることが大命題なのです。好きな人が多くなって頂ければ、何か未来の展望が開けるかもしれない。それは、ウチだけじゃなくても、ゲームじゃなくても、何でも良いのです。ニッチは尖って素晴らしいですが、ニッチだからそこの悩みもある。

 また、【一柳プロデューサー】も『ソニックストーム』についてコメントしている。

一柳プロデューサーのツイート”より
帰宅。川崎ラゾーナのナムコヒーローズベースで、前の会社の同僚が新作ゲームのロケテストをしてるので、遊びに行ってきたよ。戦場の絆に使われていたPOD筐体向けの戦闘機ゲーム「ソニックストーム」。大迫力で破壊の手応えバツグンで面白かった!今日でロケテストは終わりだそうな。

 結局のところ記事冒頭の写真が何を意味しているかはハッキリしないけれど、近い将来ゲーセンでこういう戦闘機ゲームが出るかもしれないというのを頭に入れておくと良いだろう。

 

[2013年9月17日追記]
 2013年はエースコンバットの始まりであるアーケード『エアーコンバット』が稼働して20周年となる年なので、これが『ソニックストーム』が開発されたきっかけになっているかもしれない。

[スポンサーリンク]

関連記事
関連リンク

 

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.