エスコン世界と現実世界の融合?――『ACE COMBAT INFINITY』がPS3でリリース

  • 2014年2月12日:日本版トレイラーが見れなくなったので、海外版に差し替え。

『エースコンバット インフィニティ』ロゴ

 7月12日に公開されたPROJECT ACES新作ティザーサイト。サイト公開から1週間経った7月19日夕方にタイトルが正式発表された。新作タイトルは『マッピー フライングエース(※元ネタ)』……ではなく、海外サイトで報じられた商標の通り『ACE COMBAT INFINITY(エースコンバット インフィニティ)』機種はPS3で発売。なお、ティザームービーの最後に「For PlayStation3 system」って書いてあるのは?(サイトオープン直後はPS VITAの文字もあった気がするけど、私の記憶違い?)

 

ティザームービー第1弾解析

 つーわけで、早速動画の内容をざっくりと解析する。

冒頭

 「That day our sky fe||, the heavens split to create new skies.」と共に星が夜空を落ちていく映像が映る。この星が落下する様子は『エースコンバット04』冒頭を彷彿させる
 冒頭部分では『マッピー』の鼻歌が流れるが、これは『マッピー(アーケード版)』が今年で生誕30周年を迎えるからだと思われる。

14秒

 【PROJECT ACESロゴ画像】が現れる。今作はロゴの下に英文が表示されていないが、そこには「That day our sky fe||, the heavens split to create new skies.」が来るのだろうか?

23秒

 現実世界の地球・北米大陸はカナダのケベック州辺り(モントリオールの北)に小惑星が落下する様子がレーダー図で表示される。
 また、落下地点付近から赤い線が空(小惑星?)に向かって伸びるが、これは小惑星を迎撃しようとしているのか?

27秒

 どこかの都市(湾岸地域?)の上空をASF-X震電II(『アサルト・ホライゾン』で登場した、河森正治監督がデザインした架空機)の編隊が飛んでいる。

28秒(1)

 『エースコンバット04』のストーンヘンジを連想させる図面が映る。ACAH特典のシリーズ設定資料集に掲載されているストーンヘンジの図面と見比べてみたけど似ている。

28秒(2)

再びレーダー図に戻り、北米地域に小惑星が落着する瞬間が映る。

28秒(3)

 地球(アフリカ大陸が大きく映っている)をバックに「1869年」「1932年」「1979年」「2009年」「2019年」と5つの年が表示される。

29秒(1)

 ミサイル発射口のような物が映るが、こいつは『エースコンバット6』に出てきたアイガイオンのニンバス発射口と似ているような?

29秒(2)

 再び震電Ⅱの編隊。この震電Ⅱの機体上面の中央には白線が一本引かれている。また、画面右上の機体の尾翼には何やらマークが描かれている。
 なお、「ここで出てくる震電Ⅱが7月18日にティザーサイトで出てきた『リッジバックス』ではないか?」という意見がある。

バートレットPのツイート”より
875フレーム目。尾翼の形状などから震電Ⅱで間違いないでしょう。ただ、奥の方に見える機体の尾翼に目を凝らすと「UAF」か「LNF」らしき文字が。 https://twitter.com/JackBartlettP/status/358130263907246080/photo/1
「リッジバックス」と思しきASF-X震電Ⅱの編隊[エースコンバット インフィニティ]

39sqさんのツイート”より
@JackBartlettP 補足。リッジバック犬(ローデシアン・リッジバック)は背骨にそって逆毛が生えていることからその名で呼ばれる大型狩猟犬。アフリカ原産…ってなんか繋がってきたな…。

29秒(3)

 ナムコキャラ(マッピー?)が描かれているヘッドホンが映る。後ろでは何かがグルグル回っているような?

29秒(4)

 三度レーダー図。小惑星の破片(?)がアメリカのミシシッピ州辺り、カナダ東端地域、大西洋に落下する様子が映る。

29秒(5)

 今度は地図に変わり、黒海の北東、ウクライナとカザフスタンに挟まれた「IYULI」という地域に人(難民?)が集まっているのが表示されている。

30秒

 「SORTIE ORDER」のアラートが映る。その直後、『エースコンバット6』の架空機・CFA-44ノスフェラトゥのプロトタイプカラーが画面奥から手前に向かって飛んで来る。

30秒

 4度目のレーダー図。更に南米の大西洋沿岸や東欧のルーマニア辺り、そして先程の「IYULI」周辺にも小惑星が落下した模様。

31秒(1)

 小惑星落下によるクレーターの映像が映される。場所は湾岸都市っぽい。
 コメント欄で頂いた情報によると、ムービーのクレーターの場所は

  • 城南島・京浜島のような島
  • 浜離宮恩賜庭園(近くのビルが目印)

――が映っている事から羽田空港周辺の可能性があるとのこと。そういえば、7月19日のTwitterで「クレーターの場所はバンナム本社(東京都品川区東品川四丁目5番15号)じゃないか?」という説を見掛けた覚えが……。

31秒(2)

 女性の薄気味悪い「フフッ」という笑い声の後、『エースコンバット インフィニティ』のタイトルが表示される。タイトルの後ろには黒いメビウスの輪が。

36秒

都市中心部にできたクレーター上空を飛ぶPAK-FAの姿が。

舞台は現実世界?でもストーンヘンジとアイガイオンの存在は何を意味する?

 ざっくり見た限りではこんな感じ。『アサルト・ホライゾン』に続き『インフィニティ』も現実世界が舞台であるように思われる。だが、ストーンヘンジと思われる図面、更にアイガイオンっぽい機体が出てくるなど、なぜ現実世界にエスコン世界の要素が“やたら”出てくるのかが気になる。そこで、
「エースコンバットの世界と現実世界がユリシーズ落下の影響で次元融合したって話じゃなイカ?」
――というブッ飛んだ予想を私は立ててみるw なお、この予想を発表したところ「なにそのFF5(ファイナルファンタジー5)w」とか「それなんて無双OROCHI」というツッコミを頂きますた。
 
 または、記事のコメントで頂いた話で「小説『イカロス・イン・ザ・スカイ』の世界ではないか?」という説も。「ナガセ達が震電IIに乗る」「敵としてノスフェラトゥが登場」「ノスフェラトゥを運用する空中母艦が出てきた」が根拠。

[スポンサーリンク]

関連記事
関連リンク

 

投稿者:

エスコン世界と現実世界の融合?――『ACE COMBAT INFINITY』がPS3でリリース」への3件のフィードバック

  1. ミナト

    河野Pのツイートを見てサイトを拝見しました。
    PVで気付いたところに報告ですが、27秒のところは浜離宮庭園(後ろのビルを見ていただくとわかると思います)が映っており、31秒のクレーターのシーンでは城南島・京浜島のような島が映っておりますので、羽田空港周辺の可能性があります。
    29秒のアイガイオンみたいなものも、左端を見ているとバーナー炎のように見えなくもないので、何かしら空飛ぶ物体なのかもしれませんね…?

    余談ですが、1869年の年表を眺めていたのですが、第18代アメリカ合衆国大統領ユリシーズ・グラントの就任とあったので、「ユリシーズ…?」となりましたw
    他の年代はピンとくるワードが見つかりませんでしたが…w

    返信
    1. Kyozaburo 投稿作成者

      >>ミナトさん
      クレーターの場所を推理したツイートを見逃してしまっていたので、情報提供ありがたいです。

      年表については、どの出来事が関係してそうか絞り切れていません(汗)。
      「空が岐れた」というキーワードから「国・民族が分裂した出来事」、また背景の地球がアフリカ大陸をクローズアップしている事から「アフリカに絡んだ出来事」ではないかという説があるようですが……。

      返信
  2. ミナト

    なるほど、年代にはそういう解釈が…!
    最初はエースコンバットシリーズの設定を現実世界でやり直す、シリーズリメイクみたいな感じなのかな?と思っていましたが、
    河野Pにいただいたリプ「現実が表。架空が裏。捻じれれば繋がり、表は裏に、裏は表に。」
    を見て、次元融合という推察も説得力あるように思えてきました。

    今後の考察も楽しみにしております!

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.