DVD版『Halo4 FUD』で谷チーフが復活! だが根本的な問題は何も解決していない[Halo4声優変更問題(PART12)]

  • 2013年7月31日:吹き替え版のキャスト選定について追記。

DVD版『Halo4 FORWARD UNTO DAWN』

 11ヶ月前の2012年8月24日の「XBOX360大感謝祭」で勃発した「Halo4声優(キャスト)変更問題」。
 このブログでも追いかけてきたように、キャスト変更を主導した(と自ら話していた)オーディオディレクター戸島壮太郎氏、Halo4プロダクトマネージャーの南雲聡氏、そして日本マイクロソフトの3者は、キャスト変更の詳しい経緯を教えてくれと我々が再三に渡って訴えてきたのにも関わらずだんまりを決め込み、また2013年3月には有志の方がアメリカのマイクロソフト本社に直訴状を送ったものの反応は無く、この問題は停滞の様に陥っていた。

 そんな状況の2013年7月24日、『Halo4』と連動して制作された実写ドラマ『Halo4 FORWARD UNTO DAWN』のDVDのレンタルがTSUTAYA限定で始まったのだが、DVDの吹き替え版で「旧三部作でマスターチーフを演じた谷昌樹さんとコルタナ役を演じた小池亜希子さんが復帰している」という。
 この情報を【署名まとめ人さんのツイート】で知ったので、早速近所のツタヤでFUDを借りて事の真偽を確認してみた。

……で、結果はマジで復帰していた。マスターチーフの声は初代HaloとReachの間のような感じに聞こえたがそれは谷さんの声で、コルタナの方は冒頭の混乱(?)しているシーンで小池さんだと確信した(なお、スタッフロールやDVDのパッケージに日本語吹き替えキャストの記載は無い。どこかでキャストの一覧を確認出来ると良いのだけど……)。
 
 悪夢の感謝祭から11ヶ月(6月のインタビューで感づいていた人は14ヶ月近く)。あんな事があってもまたチーフとコルタナを演じてくれた谷さんと小池さん、そしてキャストを元に戻してくれたDVD版制作スタッフ(アーススター・エンターテイメント社)の方には「ありがとう」と言いたい。
 だが日本マイクロソフトや南雲氏に戸島氏、あなた達はまだダメだ。

キャストを元に戻すのはどちらが言い出したのか?

 そもそも、DVD版でキャストを元に戻すと言い出したのはアーススター・エンターテイメント社と日本マイクロソフトのどちらなのだろう? この疑問について、有志の方がアーススター・エンターテイメント社に電話で問い合わせをしてくれた。

チ~プさんのツイート”より
先ほどアース・スターエンターテイメン様に電話で「発売の有無」と「キャスティングについて」問い合わせてきました #HALO4キャスト変更問題
 
https://twitter.com/Code_LightRight/status/362440892562411521”より
発売日に関してましては、具体的な日にちは未定ながら、おそらく2013年の冬になるとのご返答を頂きました #HALO4キャスト変更問題
 
https://twitter.com/Code_LightRight/status/362441891595288581”より
吹き替えのキャスティングにつきましては、アース・スターエンターテイメント様が日本マイクロソフト様に許可を頂いた上で独自に手がけたとのご返答を頂きました #HALO4キャスト変更問題


※引用文中の強調は管理人によるもの。

 問い合わせによると、「キャストを元に戻そう」と言ったのはアーススター・エンターテイメント社とのこと。日本MSは吹き替えのキャスティングに承諾は出したものの、自らキャストを戻そうとは言い出さなかった事になる。まぁ承諾はしたのだから日本MSも事の大きさは認識しているのだろう。だったら黙ってキャストを元に戻すだけでなく、要らぬ騒動を起こした事に対する謝罪や事態の経緯を説明してくれても良いのではないですかね?
 これでは日本MSに対する警戒はまだまだ緩められない。

事態は好転したが、根本的な問題は何も解決していない

 谷さんと小池さんがHaloに復帰したのは喜ばしい事である。だが、我々はHalo4キャスト変更問題の“根本的な問題”はまだ何も解決していないという事を忘れてはいけない。根本的な問題、それは「シリーズファンの心情を無視した、独善的な作品の改変」「変更をファンに納得してもらうための努力の放棄(そして一方的な変更を受け入れる事の強要)」である。この2点に対する説明も含めて“キャスト変更に関する詳細な説明”を我々は求めているが、戸島氏らは1年近く逃げ続けている。
 「何だかんだで結局キャストは元に戻ったんだからいいんじゃね?」と言う人もいるかもしれないが、問題をなぁなぁで終わらせてしまうと、
「◯◯を変更してみて、もしダメだったとしても後で元に戻せばどうせユーザーは大人しくなるよ」
――というフザけた考えを持たれてしまう虞も十分あり得る。そういうフザけた思考でいればまた問題を起こす事は必至。
 また、Halo4の問題が勃発した後で映画『アベンジャーズ』の日本語吹き替え版で同じ問題が繰り返されてしまった件も鑑みると、同じ悲劇が繰り返されるのを防ぐためにも、やはり戸島氏らに説明責任を果たしてもらうなどして“ケジメ”を付けてもらわねばいけないと思う。言い換えると「逃げ得は許せない」ってコトです。
……というワケで、戸島壮太郎氏・南雲聡氏・日本マイクロソフトの御三方におかれましては、もういい加減にキャスト変更の詳細な経緯を説明していただきますようお願い申し上げます。
 
 しかし、これで本編である『Halo5』で谷さん小池さんが復帰する事になった場合、マジで「Halo4日本版とは何だったのか?」という話になるよなぁ。
 旧三部作からのファンには失望を植え付けるのと同時にファン同士の対立を生じさせたし、『Halo4』からのご新規さんは「またキャスト変わるの?」という話になるし、また力ちゃんや藤村さんはイメージ商売という点でとんだとばっちりを受けた訳だしさ。

関連記事
関連リンク

 

投稿者:

DVD版『Halo4 FUD』で谷チーフが復活! だが根本的な問題は何も解決していない[Halo4声優変更問題(PART12)]」への1件のフィードバック

  1. 声優バカ

    はじめまして、声優バカともうします。
    何の気なしに、久し振りに「HALO 声優変更」で検索しましたところ
    こちらの「蔦屋FUDレンタル版」の記事を知りました次第です。

    本記事について個人的な感想を申し上げます。
    (「ガールズ&パンツァー」秋山殿風に)
    「ヒャッホウゥゥ!アーススターENTさん、最高だぜぇぇぇぇ!!!!」
    管理人さま、ありがとうございます、ありがとうございます。

    CGシーンのみだけどBunjie版の元祖コルタナだ!小池さんだ!
    バウアー024じゃない!シエラ117だ!谷さんだ!

    2012年冬頃に本国仕様BD版の販売は知っておりましたが
    2008年で期限切れカードを引きずり出して更新しましたよ!
    店頭在庫計13枚のうち、6枚レンタル中でした。

    小山さん、藤村さんを非難するつもりは毛頭ございません。
    御二人は日本MS、フラッ戸島に地雷を踏まされた被害者です。

    あと、本国MSと343にモノ申す。「4」のメインテーマ、何?別物やん。
    映画「ロボコップ」のベイジル・ポールドゥリス節に惚れ込んで「同2」を見に行ったら
    「ろぼこ~ぷっ、ろぼこ~ぷっ」な?コーラス、テンションの低いテーマ曲だったのを思い出しました。

    「Halo5」(仮)、どないなるんかなぁ。バツイチonlyは覚悟しとかんとあかんけど・・・。
    アマゾンで入手したオリジナルサントラ「1と3に2は前後編の2枚!」で生きていきます。

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.