モルガンだけでなく『ZERO』の舞台も登場。緊急ミッションの「予兆」とは?[エースコンバット インフィニティ]

 ファミ通2014年5月8・15日合併号(4月24日発売号)の『エースコンバット インフィニティ』の記事で開発陣インタビューが掲載されたが、記事に予告があった通り、数日後にインタビューの完全版がファミ通.comで公開された。

 このインタビューからも『エスコンINF』の中身について探ってみようと思う。

オンライン共同戦役

緊急ミッションの「予兆」

──その緊急ミッションの流れについてお聞かせください。
 
井崎 緊急ミッションはランダムで発生します。バリエーションは豊富で、内容の予測がつかないため、一見空中戦がメインとなるステージでも、「もし対地戦の緊急ミッションが発生したら……」と、あえてアタッカー機体で出撃するといった選択肢もあるわけです。
 
──なるほど。出撃中は、緊急ミッションが発生する前の合図などがあるのでしょうか?
 
井崎 出撃前に観察眼を光らせていると、「これって(緊急ミッションとして)戦艦が出現する予兆なのでは?」と、読み取れるようになってきますね。反対に、予想が裏目に出てスコアを落とすこともあると思いますが。ちなみに、参加しているプレイヤーが上級者で、敵をあっという間に撃墜していると緊急ミッションが早めに発生します。

 オンライン共同戦役の試合中盤に発生する「緊急ミッション(ミッションアップデート)」はどんな内容になるかはランダムで決定されるので、ここに装備選択の駆け引きが存在する。で、緊急ミッションでどんな敵が現れるかは予測不可能かと思いきや、ヒントが用意されているらしい。ただ、「出撃前に観察眼を光らせていると」というのが引っ掛かる。
 

Report from Surveillance AirCraft(警戒機からの報告)[エースコンバット インフィニティ]
Report from Surveillance Aircraft:
「Multiple unidentified flying objects are approaching.(複数の未確認飛行体が接近中)」

 
 ここで【先週のトレイラー】を見直すと、試合開始前の機体選択画面に「Report from Surveillance Aircraft(警戒機からの報告)」という項目があるのが見える。確かこの項目はβテストでは無かった気がするので、これが「緊急ミッションの予兆」なのだろうか? 仮にこの推測が当たっていたとしても、「予想が裏目に出てスコアを落とすこともあると思いますが」と言っていることから、あくまで参考情報に過ぎないのかもしれない(飛行体とは言っても戦闘機ではなく巡航ミサイルだった、そもそも情報とは違う種類の敵が現れた等)。
 また、試合中にも予兆が現れるかのような発言もありますな(予め敵の姿が見えるのか、何か目印が仕込まれているのか?)。

──(笑)。通常の敵を撃墜し続けるより、緊急ミッションの達成を優先したほうがスコアにつながるのでしょうか?
 
井崎 そうですね。乱戦の中で敵を撃墜しつつ、予兆に気づいたらイチ早く緊急ミッションが発生しそうな場所を予測することも重要です。

「早回し」もあり

ちなみに、参加しているプレイヤーが上級者で、敵をあっという間に撃墜していると緊急ミッションが早めに発生します。

 前半戦の敵を狩り尽くしてミッションアップデートまでの間敵がいなくなったという事が一度あった気がした(記憶が薄れている(汗))。敵を素早く殲滅した場合、シューティングでいう「早回し」のような感じで緊急ミッションが早めに発生するようにしているという(通常は試合開始後3分経過で緊急ミッションが発生(試合時間は6分))。
 早回しが出来れば緊急ミッションの敵や後半戦の敵を相手にする時間が増えるのでSランククリアの可能性が高まると思われ。SランクとAランクではランクボーナスで得られるクレジットの差が大きいので、サービス開始後しばらくしたらこの仕様が生きてくるのではないか。

追加要素「レスキューボーナス」

 βテストの時点では、撃破した敵に更に追い討ちの攻撃を命中させることでオーバーキルボーナスが貰えた。これに加え、味方を狙う敵(該当の敵に赤いマーカーが付く)を撃破することでレスキューボーナスが手に入るようになったとのこと。

──なるほど。ところで、味方機を狙っている敵機を撃墜したときに入る“レスキューボーナス”についてですが、ひとり先行し囮になり味方に助けてもらうという戦術は有効ですか?
 
井崎 有効ですね。ただ、ボーナスをあまりにも高く設定してしまうと、プレイスタイルを強制してしまうので、慎重にバランスを取っています。味方が狙われていても、目の前に別の敵機が背を見せていたら、そちらを倒したほうが結果的にスコアが高いかもしれませんね。
 
河野 うまく連携を取らないと、仲間も自分も囮になっていた……なんてこともあるかもしれませんよ。

 βテストでは行動評価ボーナス(チーム連携ボーナス)に「狙われている味方機を救った」はあったっけか? それはともかく、インタビューに出てくる囮戦法は『エースコンバット6』の支援要請を思い出すな。気になるのはボーナス点がどれだけ入るかだが、オーバーキルボーナスと同じく狙われた敵によって得点が変わるのだろうか?(オーバーキルボーナスは敵のポイントに比例し、SP敵だと案外馬鹿に出来ないスコアが手に入った)
 あと、レスキューボーナスがチャレンジの課題となる可能性は十分あると思う。
 

チャレンジ要素を追加[デジハリ2014年卒業制作展特別講演][エースコンバット インフィニティ]
デジタルハリウッド大学での講演で披露された、チャレンジ要素(開発中)のスクショ。

 
 ついでに、デジタルハリウッド大学での講演で「チャレンジ要素」が実装されることが明かされたが、ファミ通.comの記事によるとどうやら「デイリーチャレンジ(またはウィークリーチャレンジ?)」が用意されるみたいだ。

ファミ通.com – 『エースコンバット インフィニティ』5月20日より日本先行配信が決定! 本日(4月22日)より事前登録キャンペーンが開始”より
■日々変わる「チャレンジ」の課題を達成し、様々な報酬を入手!

※5月14日に公式Twitterで軽く追加説明があった。

エースコンバット公式Twitter(5月14日)”より
βにはなかった「チャレンジ」という新機能について、デジハリ講演から時間が経ったので再度お話します。用意された目標から好きなものに挑戦しつつプレイすることで、ゲーム内で使える消費アイテムやエンブレムなど各種報酬がゲットできる仕組みです。<tamaoki> #ACEINF
 
https://twitter.com/PROJECT_ACES/status/466238218149457920(5月14日)”より
「新規任官されたパイロット向けのチュートリアルチャレンジ」「毎日コツコツ挑戦できるスタンダードチャレンジ」「期間限定で限定報酬をゲットできるスペシャルチャレンジ」の3つのスタイルのチャレンジが用意されています。<tamaoki> #ACEINF

機体カラーのカスタマイズはオミット、その代わりスキンを大量に用意

 『アサルト・ホライゾン』や『エースコンバット3D』にあった機体カラーのカスタマイズ機能(パレット変更機能)は『エスコンINF』ではオミットされ、その代わりにスキンを大量に用意するという。またエンブレムも300種類以上、かつ過去作品に登場したエンブレムはほぼ網羅しているとのことだが、エンブレムがそうだとすると機体のスキンも過去作品に登場したエース機・ネームド機カラーが網羅されているのだろうか?

モルガンは「ADFX-????」

 新トレイラーでいきなり登場した『エースコンバット・ゼロ』の架空機ADFX-01モルガン。ファミ通の記事ではモルガンは「ADFX-????」と表記されていたが、「????」は単なる伏せ字では無かった模様。というのは、インタビュー完全版に掲載されている【戦闘機ツリーのスクリーンショット】に「ADFX-01-1」という名前があるのだ。「01-1」は何を意味するのか?
 なお、トレイラーを見直すと戦闘機ツリーの画面でモルガンのアイコンが確認出来るが、こちらは「ADFX-01」のままである。また、モルガンのアイコンはツリーの出発点にあるが、ツリーからは独立しているようだ(存在することは最初から分かるが、開発条件は伏せられている?)。
 

戦闘機ツリーの始めの方にADFX-01がある[エースコンバット インフィニティ]

 
 あとモルガンに関しては、ADFX-02は出てこない? 使い勝手が変わりそうな感じもするが。

河野 「どうせアイツだろ?」と思われる方が多いと思いますが、アレではないですね(笑)。

井崎 ちなみにレーザーを撃っていますが、試験機なので突出して強いわけではありません。
 
河野 「じゃあ何なんだ!」ってなりそうですね。(笑)

円卓(B7R)とアヴァロンダムも登場

 モルガンが登場するってことで、『エースコンバット・ゼロ』の舞台であった円卓(ベルカ絶対防衛戦略空域B7R)とアヴァロンダムもフルリメイクで登場。インタビューによると、アヴァロンダムはキャンペーンモードに出てきそうな気配を漂わせてますな。

グリペンの出番は?

 あと気になる点として、【記事の最後に掲載されているスクショ】で「JAS-39Cグリペン」の名前が見える。βテストではプレイヤー機から消えていたグリペンだが、とりあえず敵機として登場することは確認された。

[スポンサーリンク]

関連記事
関連リンク

 

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.