自衛隊機で蘇ったストーンヘンジに挑め――第3回アップデートが発表[エースコンバット インフィニティ]

 ファミ通2014年8月7日発売号にて、8月21日に実施予定の『エースコンバット インフィニティ』第3回アップデートの内容が発表された。今回はキャンペーンモードミッション7の解禁に始まり、ASF-X 震電Ⅱとファイター機の追加、更に新たな非常招集ミッションが実装されるという。

キャンペーンモードミッション7

 8月はキャンペーンモードミッション7が解禁される。今度はアメリカ・ネバダ州のエリアB7R――円卓が舞台。トレイラーを見ると、「蝶使い」は「BUTTERFLY MASTER」と表記されるようですな。ただ、CFA-44の撃破スコアが1,200ポイントとなっているのがちょっと引っ掛かったりする。
 ちなみに、ファミ通の記事にはキャンペーンモードについて河野プロデューサーが軽く言及している。【『エスコンINF』サウンドトラック】の収録曲リストを見れば今後の展開がある程度予測できるのかもしれないけど……(当方はネタバレ回避のために収録曲リストは見ていません)。

次の追加機体はファイター機が中心

 7月のアップデートではマルチロール機が追加されたが、8月の追加機体はファイター機が中心となる。予告トレイラーには

  • Su-33 Flanker-D
  • F-14D Super Tomcat
  • Su-37 Terminator
  • といったファイター機と、マルチロール機のASF-X 震電Ⅱが登場する。
     また、ファミ通の記事によるとこれらの他にも追加機体を用意しているらしい(そのためにまた防衛省等と話をした模様)。

    新・非常招集ミッション「Stonehenge Return」

     そして、第3回アップデートでは非常招集ミッションが新ミッション「Stonehenge Return」に変更されるという。トレイラーを見た感じでは、まずジャミング装置を破壊する必要があるのは変わらず。敵の数・質が増しているのに加え、ストーンヘンジも至近距離まで接近した敵に対応出来るよう改良が施されているようだ。
     また、アイガイオンと同じくストーンヘンジにも赤と金色の物が存在している。ストーンヘンジ本体の何が変わるかは分からないが、どうやら空中艦隊が援軍として現れるらしい。アイガイオンは「ニンバスによる遠距離攻撃が主体」という設定があるので、出現するのはギュゲスとコットスだけか?(アイガイオンは姿を見せないだけで、ニンバスが飛んで来るというのもあり得る) あとゴールドリングでは迎撃用レーザーが登場することも考えられるな。ストーンヘンジは砲台と照準用コンピューターのための発電施設を持っているから、アイガイオンより電力に余裕がありそうだし。

    ファミ通×ニコ生 『月刊ファミ通feat.』7月号

     話は変わって、去る7月25日に放送された「ファミ通×ニコ生 『月刊ファミ通feat.』7月号」でもエスコンINFの今後の展開について予告があった。
     
     1つめは「アイドルマスターコラボエンブレム」。6月末の「『エースコンバット インフィニティ』 開発者実演 ニコニコ生放送」でアイマス、鉄拳、ソウルキャリバーとコラボ企画をやるという話になったが、アイマスとのコラボではアイマスキャラのドット絵を使ったエンブレムが出てくるとのこと。
     ちなみに、このエンブレムは「アイドルマスター ドット絵ラバーストラップ」として制作されたドット絵を借りて作ったらしい。アイマスドット絵については【ララビットマーケット – 『小野 Mr.Dotman 浩』に聴く「アイドルマスター ドット絵グッズ」の開発秘話】を参照されたし。
     
     2つめは「大規模戦力掃討」と名付けられた非常招集ミッション。陸・海・空それぞれで敵の数が増し増し――または「増し全地獄(cf.ラーメン生郎)」となったミッションを用意しているという。
     
     3つめはチャレンジイベント。『エースコンバット・ゼロ』ロト隊カラーのTyphoonや、『エースコンバット3D』のエース部隊のエンブレムが手に入るチャレンジが登場するとのこと。
     ここでちょっと私見を書くと、レア度が高い特別機体とかも、この前の「TyphoonのHCAAで500機撃破」みたいに「プレイ回数を重ねる必要はあるが、手に入る可能性はある」という難易度が高めのチャレンジの報酬にするとそんなに角が立たないのではないかなぁと思ったりする。……とは言っても、例えば「MVPを○回獲得する」とかにすると自分のマッチングレート調整をしての低レート狩りなど良からぬ事態を招きそうなので、どういうチャレンジにすればよいかは難題となるが。

    [スポンサーリンク]

    関連記事
    関連リンク

     

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。