言い出しっぺの法則と横綱相撲――大崎ご当地キャラ「スパンキー」声優オーディション決勝

記事公開日:

Category: 同人フライトシューティング (tag: , )

スパンキー先輩声優オーディション

 【前記事】で書いた通り、品川区大崎のご当地キャラ「スパンキー」の声優オーディションに、同人フライトシューティング『EFFY one of unreasonable “if”』のハウンド役、または大崎の「めしや 秀月」の店長でお馴染みの紫季伊冬那さんが応募し、決勝進出を果たしたわけですが、決勝オーディションの模様が元日にYouTubeで公開されたので、遅ればせながら追いかけてみる。


 決勝オーディションは2014年12月28日に大崎の「ホテル ニューオータニイン」にて開催。募集要項には「スパンキー先輩の動きに合わせて声を当てる」と書かれていたが、本番は犬山ファミリー――スパンキー先輩・大崎一番太郎・ノン子・戸越銀次郎による「大崎の【百反坂】で落し物をしたので、それを探しに行く旅」というお題の寸劇に合わせて声を当てる形式で行われた。
 オーディションの順番は以下の通り。

  1. 中谷一博さん(予選1位)2:40~
  2. 大倉有貴さん(予選3位)4:00~
  3. といろ☆パンダさん(予選2位)5:30~
  4. 紫季伊冬那さん(戸越銀次郎推薦枠「カッコイイ部門」・予選8位)6:53~
  5. LittleAkiさん(予選6位)9:04~
  6. なもなきよいこさん(予選4位)11:05~
  7. いちろうさん(ノン子推薦枠「かわいい部門」・予選10位)12:33~
  8. 小野田銀四郎さん(予選5位)14:18~
  9. しましま団さん(大崎一番太郎推薦枠「炎上部門」・予選20位)16:00~


 紫季さんの出番を見ると、戸越銀次郎が「カッコイイー」を連呼するもんだから落し物探しではなくダンディズムを見せる場に変わった気が。つーか、一番太郎(CV:山口勝平さん)も紫季さんに対抗してかイケメンボイスに変わってますよねw そして衝撃のラストが……。
 他の人のアテレコを見ると、大倉有貴さんは王道系少年ボイスで手堅く演技していたり、なもなきよいこさんや小野田銀四郎さんはイッちゃんやノン子からの振りもあって盛り上がりましたなぁ(盛り上がりの度合いは小野田さんの方が上だったかな)。
 
 で、選考の結果中谷さんが優勝したわけですが、このオーディションは中谷さんの発言が切っ掛けでスタートした企画であり、正に「言い出しっぺの法則」な結果だったりする。

大崎一番太郎プロジェクト – スパンキーの声オーディションSPECIAL INFORMATION”より
アベンジャーズ・キャプテンアメリカ役の声優・中谷一博さんをゲストに迎えた「マジ基地生放送」にて、
「スパンキー先輩には、これまで一度もキャラクターボイスがついたことがない」ことが話題となり「だったらオーディションで決めてしまおうか」という軽いノリで視聴者に投げかけたところ。「私も応募する」という弾幕が多数寄せられました。

……とは言っても、中谷さんは抜群の安定感で寸劇を進め、かつ劇の〆を“まとめていた”ので、何と言うか横綱相撲で勝つべくして勝ったという結果ですかね。

関連リンク
関連記事

 

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.