日本語版Haloを買う理由が無くなった日――『Halo5』でも吹き替えキャストは元に戻らず[Halo4声優変更問題(PART17)]

『Halo4』声優(吹き替えキャスト)変更反対イラスト[アイキャッチ]

 前記事「『Halo5』は吹き替えキャストの情報を伏せたまま売り逃げする心算か?[Halo4声優変更問題(PART16)]」で書いた通り、『Halo5』発売まで2週間を切っても吹き替えキャストの情報が全く発表されなかった。『Halo4』の時はXbox大感謝祭で派手に発表したというのに。
 そして10月22日、『Halo5』Xbox One同梱版の発売日を迎えたわけでありますが、発売日当時になって誠に残念なお知らせが「4Gamer.net」からもたらされた。

4Gamer.net – 「Halo 5:Guardians」のキャンペーンモードはどうなる? 343 Industries フランク・オコナー氏らのコメントとともに明らかになった情報を総まとめ”より
 ちなみに,多くのファンが気になっていると思われる日本語版のローカライズについては,「これまでは外部制作だったが,Halo 5のサウンドチームには日本語を話せるスタッフがたくさんいる。彼らのチェックをもとに343 industries内で制作した」(オコナー氏)とのこと。そのクオリティに期待したいところだ。なお,マスターチーフのボイスはHalo 4と同様,声優の小山力也さんが担当する。

……あ~、これはもう新三部作は力ちゃん・藤村さんで通すつもりなのかね。そしてローカライズは『4』の時と同じ体制だと改めて言われてるが、翻訳の質は旧三部作の水準に戻せるのだろか?
 吹き替えキャストを元に戻さないのであれば、もはや新三部作を「日本語版」で買う理由が無くなりましたね。『マスターチーフコレクション』の例からすると海外版を買っても英語音声・日本語字幕でプレイ出来るかどうかは現時点(22日時点)では微妙だけれど、この問題で不誠実な対応を続け、更に同梱版の発売日当日になってやっとキャストを発表するという、逃げ売り(騙し売り)を半分やりやがった日本マイクロソフトの売上に貢献する真似はしたくない海外版を買う分にはHaloシリーズの売上にはなってもMSKKの売上にはなりませんからな
 
[2015年10月28日追記]
 北米版を買った人によると英語音声日本語字幕でプレイ出来るとのこと。『マスターチーフコレクション』は異例だったということですな。
 

関連記事
関連リンク

 

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.