次世代エースコンバットツクールの脈動に触れよ!――デジゲー博SP in 闘会議2016にProject ICKXが出展

 2016年1月30日・31日に幕張メッセで「闘会議2016」が開催されるが、今回の闘会議の中で同人・インディーゲームオンリーイベント「デジゲー博」の特別版「デジゲー博SPECIAL in 闘会議2016が開催される。
 この「デジゲー博SPECIAL in 闘会議2016」で、同人ゲームサークル「Project ICKX」がPC用フライトシューティング『VERTICAL STRIKE』を出展する。配置はA-07ab


 
 『VERTICAL STRIKE』は、ICKXが開発を進めているUnityによる新ゲームエンジン――3Dフライトシューティングフレームワーク「alternator(オルタネータ)」のテストベッドとして制作されている作品である。『VERTICAL STRIKE』のリリースは、同時に次世代エースコンバットツクールのリリースの時となる。
 alternatorは「作品を作れない人を作らない」事を目標にした3Dフライトシューティングフレームワークで、フライトシューティングのアイデアが思い浮かべば手軽にそれを形に出来る事を目指している。また、機体モデルを用意すれば、自分が考えたイカす機体や、防衛省のX-2(先進技術実証機(心神))といった新たな航空機をいち早くゲームの中で飛ばす事も可能だ。

XSF-3A 洋上迷彩[VERTICAL STRIKE][闘会議2016]

洋上迷彩を施した、先進技術実証機を更に発展させた試作機。

先進型長距離対艦ミサイル発射![VERTICAL STRIKE][闘会議2016]

先進型長距離対艦ミサイルを発射!

「地獄の激戦区」のパイロットの愛機を模したXSF-3A[VERTICAL STRIKE][闘会議2016]

2015年夏コミ(C88)では、限定版として「地獄の激戦区」のパイロットの愛機カラーを模した機体が登場。

※「ATD-Xのような機体」が収録された体験版『VERTICAL STRIKE ENDLESS EDITION REV.C88』は【コミックZIN通販】で購入出来ます。


 
 余談で、東京ゲームショウ2015に出展した時に『VERTICAL STRIKE』のグラフィックに難癖をつけられたのだが、それについてICKXは次のように回答している。

Project ICKX公式Twitter”より
> グラフィックはPS2並みのショボさだなあ…
これな。
うちの作品プレイして、”alternator”でゲーム作った後にグラがクソしょぼかったらがっかりやん?
なので、グラがすごいことになる有償asset、使用禁止にしてんねん。

 先述の通り『VERTICAL STRIKE』はテストベッドなので、始めから使えるものだけで出来る限りの品質を目指している。alternatorで作品を作るなら、更にスゴい物を生み出せる余地が十分にあるということ。
 
 記事の〆として『VERTICAL STRIKE』の内容を簡単に説明しておくと、『VS』は「短い時間でもサクッと爽快感を味わえる」をコンセプトにしている。現代における娯楽は可処分時間の奪い合いになっている状況を鑑み、『VS』の1周当たりのプレイ時間は短めに作っているという。また、基本となる難易度は抑えめにしてお手軽に爽快感を味わえるようにしている。『VS』をプレイした感覚を言うと、自機のミサイルが強力で敵をポンポン堕とせるという感じ。その一方で、多数の敵を同時に相手にすると面倒な事になるというのは変わっていない。
 それと、『VS』では操作の新たな試みとして、安定性を代償に機体の運動性が向上する「リミッターカット機能」が実装されている。リミッターカットを使うことでコブラやクルビットといった高度なマニューバを繰り出せる。やろうと思えば『戦闘妖精・雪風』で雪風がジャムのミサイルを迎撃した時に見せたような挙動も再現出来るとのこと。

関連記事
関連リンク

 

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。