デジゲー博2016でVR対応フライトアクションと「本命」をリリース![Project ICKX]

記事公開日:

Category: 同人フライトシューティング (tag: , , )


%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%b2%e3%83%bc%e5%8d%9a2016-%e3%82%ab%e3%82%bf%e3%83%ad%e3%82%b0

 来たる11月13日(日)に、同人&インディーゲームオンリーイベント「デジゲー博2016」が秋葉原UDX 2階アキバ・スクエアで開催される。開催時間は11:00~16:00で、入場にはカタログの購入が必要(カタログは【同人ショップ等で前売り販売中】。価格は税込1,080円)。
 今年も同人ゲームサークル「Project ICKX(場所:A-13ab)」が出展するが、今回ICKXは新刊としてVR対応フライトアクション――開発コード「CM1」をリリースするということだが、VRとは別に「本命」を用意しているらしい。


Project ICKX公式Twitter”より

2016/11/13(日) 第四回 デジゲー博2016にProject ICKXは出展します。
ブース:A-13ab。
フライトアクションゲーム 開発コード”CM1″を新刊として頒布します。
御覧の通りVRだよ!
#デジゲー博 #ickx #cm1

vr%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%bb%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%80%8ccm1%e3%80%8d%e5%91%8a%e7%9f%a5-1pro

……今思えば、資材部の懲りない面々の中の人が8月の前半に【HTC Viveのセッティング】で頭を捻っていたのはこれの伏線だったのか?(「CM1」発表と時を同じくしてTwitterアイコンがVRを装着しているし)

 

 フライトシューティングのVRと言ったら『エースコンバット7』がPSVR対応を発表しているが、開発コード「CM1」はそれに先んじてのVR対応フライトアクションの実機展示およびリリースとなる。なお、ICKXはゲームエンジンをUnityで開発している(エスコン7はUnreal Engineを採用)。

Project ICKX公式Twitter”より

コクピットが外部に曝される機体は共通のインターフェースを持つことになります。
全機種共通とする事で完熟期間を減少、削減する目的を持ちます。

vr%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%bb%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%80%8ccm1%e3%80%8d%e5%91%8a%e7%9f%a5-2pro

Project ICKX公式Twitter”より

なお、アビオニクス開発チームは当初頑張りすぎてこのような実装としていた。
うん。軽い。軽いんだけどね?RCSェ・・・

vr%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%bb%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%80%8ccm1%e3%80%8d%e5%91%8a%e7%9f%a5-3pro

Project ICKX公式Twitter”より

ちなみに、アビオニクス開発チームにつけたオーダーはただ一つ。

 

「RCS低減して」

 

適切に複数機に対応しやすそうな側が付きました。

Project ICKX公式Twitter”より

RCSは姿勢制御システム(Reaction Control System)じゃなくてレーダー反射断面積(Radar Cross Section)ですよな?

Project ICKX公式Twitter”より

本日はここまでだね。

vr%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%bb%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%80%8ccm1%e3%80%8d%e5%91%8a%e7%9f%a5-4pro

 23日夜に「CM1」に登場する機体のコックピットのスクリーンショットが公開された。コックピットはF-35のようにHUDが装備されておらず、HMDS(ヘッドマウントディスプレイシステム)を採用していると思われる。正面には大型ディスプレイっぽい物が取り付けられていて、ディスプレイっぽい物体の四隅とその後ろにくっついているリングフレームには緑色に光っている部分がある。システムが起動したらどのような光景が広がるのだろう?

 

 なお、開発の優先順位の都合でデジゲー博の時点では戦闘をやるのは多分無理とのこと。今回リリースするのは『Japanese Otaku City R/C Flight』のような物になるそうな。

Project ICKX公式Twitter”より

さて、告知は打ったけど後4週間でどこまでいけるかな・・・
あ、ちなみに戦闘はリストの下から数えて3番目くらいなんで多分無理です。

Project ICKX公式Twitter”より

あ、先に行っとくとストーリーモードとかないからね?
事実上二カ月の突貫なんで。

 

 ところで、VR対応となると動作環境がいか程必要になるかが気になるワケですが、最低動作環境の目安は次のようになっている。

Project ICKX公式Twitter”より

@utannge 大変申し訳ないです。
CM1の最低動作環境は下記でいけるかも。とのことでした。
CPU:Core i5-4590 (もしくはi5-3570以上)
メモリ:8GB以上
グラボ:GeForce GTX980相当 (≒GTX1060, RX480)

でもVRを楽しむならやはりCore i7とGTX1070 6Gクラスを用意するのが望ましいという(cf.公式Twitter)。
 しかし、今度の新刊ではPCのスペックよりもまずDirectX 11以降を導入しているかどうかが重要になるとのこと。

Project ICKX公式Twitter”より

さて、一つ悪い話と良い話がある。
悪い話はDirectX11以降対応のGPUとOSがなければまともに描画できない。
良い話はDirectX11以降が必要とされる処理を使っている。

 

 あと、VRを体験するに当たってはVR酔いの可能性が存在するわけだけど、『マッハストーム』――『機動戦士ガンダム 戦場の絆』にも使われているドームスクリーンで3D酔いが起きた管理人がVRではどうなるか?

Project ICKX公式Twitter”より

どうも実際の航空機と同様の酔いになるみたいですね。
つまりもう人間の限界。
ただし、訓練でなんとかなる可能性があるっぽい。

 

 さて、冒頭に書いた通りICKXはVRをデジゲー博の本命にしておらず、もう1つ「何か」を用意しているという。

Project ICKX公式Twitter”より

まぁぶっちゃけVRは添え物です。左手は添えるだけくらい。
右手にご期待ください。

Project ICKX公式Twitter”より

@alfa_Takky というかJOC R/Cフライト
あと今回の隠し玉はぶっちゃけ戦闘とかどうでもよくなるやつ

また、先程「デジゲー博の新刊は、PCのスペックよりもまずDirectX 11以降を導入しているかどうかが重要になる」と書いたが、DirectX 11が必要なのは「本命」のためだという。

Project ICKX公式Twitter”より

ああそうそう。すげー大事な話だけどDirectX11対応ね。
VRのためじゃないから。
繰り返す。
VRのためじゃないから。

 大事な事なので繰り返された「DirectX 11」、そして「ぶっちゃけ戦闘とかどうでもよくなる」という言葉。はたしてデジゲー博2016での「本命」とは何なのか? 次の情報は早ければ26日頃に公開されるとのこと。

 続報を待て!

関連記事
関連リンク

 

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.