「対比」がテーマとなる『エースコンバット7』のストーリーは2020年頃が舞台

 「PlayStation Experience 2016」にて丸1年振りとなる第2報が発表されたナンバリングタイトル新作『エースコンバット7(PS4、PSVR対応)。その直後に発売されたファミ通第1462号(12月8日発売号)にて、河野プロデューサーと『7』の開発プロデューサーである小柳匡史氏のインタビューを中心とした記事が掲載された。
 ここではインタビューで気になった点に触れてみる。

 

※トレイラー第2弾の内容については【前記事】を参照。

 

 『エースコンバット7』の物語は『5』から約10年後となる2020年頃が舞台となる。軌道エレベーターが物語のキーワードであることから、『3』(2040年が舞台)との兼ね合い、そして現実の軌道エレベーター開発プロジェクト(アメリカ中心のプロジェクトは2031年10月の開通を目指しているが(当初の予定は2018年4月だった)、日本の大林組は実現は2050年になると見積もっている)から2030年頃が舞台になるのではと思っていたが、それよりも早い。ストーンヘンジ(隕石迎撃用地対空巨大レールガン)やらアイガイオン(空中空母)やらが実用化されている世界だから、テクノロジーレベルは現実世界よりも数歩進んでいるということですな。
 ちなみに、2020年頃というと『エースコンバットX』の舞台でもあり、2020年は『5』の環太平洋戦争に関する全ての報告書が公開される年でもあったりする。

 

 ストーリーは『04』に近いテイストで見せる形になるとのこと。登場人物は当然ながら一新されるが、河野P曰く「『5』をやった方がニヤリとするような人物も用意しています」。この前の文章を読むと、アルベール・ジュネットが『5』『X』に続いて3度目の語り部を務める可能性もあり得る?(ジュネットはオーレリア戦争の戦後処理の取材もしてるので、『X』と『7』の間がどれだけ開いているかによるけれど)

 

 『7』は「いろいろな”対比”」がテーマになっているという。トレイラー第2弾で「F-104 スターファイター」が長めの時間映っていていたが、あれも「対比」というテーマがあっての登場なんだとか。MiG-21bisやF-4と同世代の機体をわざわざ使う必要があるとは、最新鋭機が使えなくなるトンデモな事態でも起こるのか? はたまた、単純に今使える機体がスターファイターしかなく、不利と分かっていながらそれで飛ぶ事になるのか?

[スポンサーリンク]

関連記事
関連リンク

 

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.