3つ目のキーワードは「UNKNOWN」 正式タイトル及びXbox OneとSteamでのリリースが決定![エースコンバット7]

記事公開日:2017年01月27日(金)

Category: エースコンバット7 (tag: , , , , )

 「PlayStation Experience 2016」で本格的に動き始めた、10年ぶりのナンバリングタイトル新作『エースコンバット7』。
 1月26日夜に2017年最初のニュース――PS4だけでなくXbox OneとSteamでのリリースも決定した事と正式タイトルが発表された。



サブタイトルは『SKIES UNKNOWN』

 『7』の正式タイトルは『ACE COMBAT 7 SKIES UNKNOWN(スカイズ・アンノウン)』。サブタイトルに「SKIES」が付くのは『04(shattered skies)』『X(Skies of Deception)』に続き3作目(『Xi(Skies of Incursion)』を含めると4作目)。
 「軌道エレベーター」「対比」に続いてサブタイトルもキーワードに含まれると思われるが、「SKIES UNKNOWN」はどう訳すと良いのか? 「知られない空」だと『5』の「UNSUNG WAR」に通じそうな感があるが……。
 また、「UNKNOWN」が何かを指しているという線もあり得る? 今考えつく物だと「Su-30SM UNKNOWN(おそらく老兵の機体で、後席に戦闘支援AI(?)を積んでいる)」のことか、はたまた尾翼のエンブレムを消している「白の3本線の機体」のことを指しているのか?

兵装にフレアの表記[『エースコンバット7』トレイラー第2弾]

「Su-30SM UNKNOWN」はカラーリングから老兵の機体だと思われる。

「白の3本線の機体」は尾翼のマーキングを消しているが、その一方でオーシアのマークはそのままにしている。

Xbox One、Steamでのリリースも決定

 『7』は当初PS4用ソフトとして発表されたが、ここに来てXbox OneやPC(Steam)でもリリースされる事が決まった。
 エースコンバットのPC版は、『アサルト・ホライゾン』においてコンシューマ版からやや遅れてSteam版がリリースされたという前例があるが(ただし「おま国」扱い)、始めからPC版もリリースすると言うのは今回が初めて。これも時代の流れによるものか?
 個人的には、PC版の発売はPS4購入予算をPCのアップグレードに回せるので歓迎すべき知らせだったり。PCには同人ゲームサークル「Project ICKX」のフライトシューティングもありますからな。

 

 話は逸れるが、『7』をSteamでも出すなら『6』の移植版も出ないだろか?(『6』のダウンロード版とDLCは2016年6月30日に配信が終了した)

「War is taking off」トレイラー(ロングバージョン)をチェック

 さて、正式タイトルと対応ハード追加の発表と共に、「PlayStation Experience 2016」で披露された「War is taking off」トレイラーのロングバージョンも公開された。ロングバージョンは新カットが追加されているが、映像の順番も若干変わっている。
……てなワケで新カットをチェックしてみる。なお、PSX2016バージョンの解析内容は前記事を参照されたし。

 

【関連記事】

 

 

■11秒

 どこかの砂漠。地面に方位計と滑走路と思しき物が描かれている。老兵のSu-30SMが着陸する場所か?

 

■23秒
 酸素を補給する老兵の顔のアップ。

 左目と左耳の間から頬にかけて大きな傷跡が見える。おでこの左にはシミがあるが、こっちは単なる加齢による物か?

 

■44秒
 インテリ眼鏡マンは語る。「このスーツでは駄目だ」「これではまだ彼は全能力を発揮し得ない」

 この台詞の後に出てくるディスプレイに映っているのは、老兵が着ている近未来っぽいフライトスーツをモニターしている様子か? だとすると、老兵が着ているスーツは高齢パイロットが戦闘機動に耐えられるようにするのが目的の1つであるようだ。

 

■48秒
 軌道エレベーター周辺での空戦シーンの後、誰かが箱を運んでいる。工具箱か、それとも何か特別な物が入っているのか?

 

■48秒
 タンクトップの女性が語る。「じいちゃんが放って寄こした雑誌にはこう書かれていた」「今に、自分の手で操縦桿を握る人間なんていなくなる日が来る」

 この台詞の後に映る雑誌が「じいちゃんが放って寄こした雑誌」だという「OUR SCIENCE 特集:ドローンの時代」か? ちなみに、「OUR SCIENCE」はエースコンバット公式Twitterで連載された「エースコンバット20年の飛行史」の最終回で登場しましたよね(cf.公式Twitter)。

 

■52秒その1
 格納庫の前でタンクトップの女性が仲間と話している。格納庫の中にあるのはF-15か?

 

■52秒その2
 壁に寄りかかるタンクトップの女性。

 左目の下に黒い3本線の汚れ(?)が付いているが、「白の3本線」と関係があると考えるのは深読みのし過ぎだろうか?

 

■53秒
 前版にも出てきた「RQ-1 プレデター」と形状が近い無人機5機編隊。
 「格闘戦をやめて逃げろ!」の台詞は、戦闘の主役が無人機に移りつつある事を示唆しているのか?

 

■55秒
 F-15と「Su-30SM UNKNOWN」のドッグファイト。追い掛けられているF-15のコックピット視点が追加された?
 ハンガーでタンクトップの女性とF-15が一緒にいること、そして無線から、このF-15に乗っているのは女性?
 ちなみに、このシーンに出てくる警告音は『アサルト・ホライゾン』におけるミッション進行の警告音と同じかな?

 

■1分19秒
 軌道エレベーターを防衛する超巨大プロペラ機「FAS(アーセナルバード?)」から放たれる無人機「MQ-101」との空戦シーン。

 画面中央にミサイルアラート時のマーカーのような物が表示されるが、このシーンではミサイルを撃たれていない模様。また、このマーカーはレーダー上のミサイルのようなアイコンと動きがリンクしている。このマーカーは何を示しているのか?

 

■1分26秒
 空母とその護衛艦。PSX2016の試遊版は空母からの発艦からスタートしたようですな(cf.ファミ通.com)。

 

■1分27秒
 F-104 スターファイターがどこかの基地に向かう。

 沖合に浮かぶ島は、公式サイトのスクリーンショットに写っている基地と同じ場所のようだ。

 

■1分31秒その1
 牢屋の中で佇むタンクトップの女性を、前版とは別の角度から映している。

 

■1分31秒その2
 「雲の渦の真ん中で」の話をしていた男性。太陽の下では目の周りの黒さが一層目立ちますな。

 

■1分33秒
 薄暗い海岸で、女性が一人手を付いて座り込んでいる。その後姿からは悲しげな雰囲気が漂っているように見えるが…。

今のところ髪型が唯一の手掛かり。

エルジアの重要人物らしき女性。

 この女性は結わえた髪を頭の後ろでまとめているようだが、エルジアの重要人物らしき女性も似た髪型をしている?

 

0

関連記事
関連リンク

 

[スポンサーリンク]

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.