第3の敵!? 異形の前進翼機が姿を現すE3 2017トレイラーが公開[エースコンバット7]

記事公開日:

Category: エースコンバット7 (tag: , , , )

  • 6月12日:空母ケストレルⅡについてちょっと追記。

第3の敵!?異形の前進翼機[エースコンバット7][アイキャッチ]

 6月13日に開幕する「E3 2017」で本編ミッションのお披露目が予定されている『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』。
 その直前の週末である6月9日の夜11時前に、河野プロデューサーがTwitterの個人アカウントで「あと3分?」と呟いた。「もしや何かある?」と思ったら、海外ゲームメディアの「GameSpot」で『エースコンバット7』の「E3 2017トレイラー」が公開された
 今回のトレイラーは『7』のストーリーをより具体的に示唆する内容となっている。


「E3 2017 Exclusive Trailer」ざっくり解析

11秒

 砂煙を盛大に上げながらF-104 スターファイターが離陸する。

21秒

 PROJECT ACESロゴ。

23秒

 小惑星ユリシーズの衝突により出来たと思われるクレーターが2つ映し出される。1つ目は高地で、2つ目は海岸――半島に空いた物っぽい。

25秒

 クレーターに重ねるようにして、真上から見た隕石迎撃用巨大地対空レールガン「ストーンヘンジ」が登場。

26秒

 ストーンヘンジの次は戦闘機のエンジンノズルの内部。

28秒

 そのエンジンの持ち主っぽい戦闘機の垂直尾翼が映される。

拳銃を咥えた黄色い狼のエンブレム[エースコンバット7]

このエンブレムが「白の3本線」で消されるのか?

 垂直尾翼にはオーシア連邦の国章と、「白の3本線」で消されたエンブレムと同じ物と思しき「拳銃を咥えた黄色い狼のエンブレム」が描かれている。
 なお、この狼の首に巻かれている首輪だかリボンだかには文字が書かれている。拡大して確認しても微妙にぼやけているのだが、どうやら「TRIGGER」と書かれているようだ。「TRIGGER(トリガー)」と言えば、以前のトレイラーにも出てきた言葉(名前)であるが。

29秒

 エルジア王国がオーシアに宣戦布告をしたニュースが流れる中、狼のエンブレムが描かれたF-16や大型機が離陸準備に入っている。

33秒

 今度は空母の甲板。拳銃咥えた狼が描かれたF-35が今まさに発艦しようとしている。
 さて、台詞に耳を傾けると、この空母の名前が「ケストレルⅡ」でビックリ! 「環太平洋戦争」は2020年に全情報が開示されるが、戦争の真相の中心にいた空母の名前が2020年頃に復活しているというのは、政治的な意図があるのだろか?(ケストレルの名前は、戦争を調べているジャーナリストやマスコミによってケストレルⅡ竣工の前から既に広く知られている可能性もある)
 そしてこのF-35はこれからエルジア首都ファーバンティへの攻撃に向かうらしい。ファーバンティはユリシーズが落下して大きな被害を受けていたのだが、大陸戦争後も首都を移転してはいなかったか。

36秒

 これまた狼が描かれているF-15が空中給油を終えた所だろうか。

37秒

 夕日(?)に照らされる廃墟となった都市。画面左のビルが崩れ落ちる様子が映っている。
 廃墟を良く見ると、この区画が水没しているのが分かる。水没したビル街と言えばエルジア首都ファーバンティが思い浮かぶが、「ファーバンティに対し攻撃を開始」の台詞と合わせてこの景色を映していることから、おそらくこれはファーバンティの南部地区なんだろうな。

40秒
ユージア大陸勢力図[エースコンバット7]

ユージア大陸が再び分裂?

 ユージア大陸を俯瞰した画像。画面の左上には「IUN」の文字とシンボルマークらしき葉っぱが見える。また、画面左端には「SATELLITE DATA LINK」「*** LINK STATUS」という表記がある。この画面は人工衛星と関係がある物らしい。
 大陸の上空に人工衛星が浮いているなと思ったら、大陸が2つに色分けされた。この時に人工衛星から広がった円は何か意味があるのだろうか? さて、大陸が色分けされた結果、ロスカナスの辺りを境界線として、西部を中心とする大陸の過半数が赤紫、シールズブリッジやスコフィールド高原がある南東部が青になっている。赤紫の地域はまたエルジアの支配下に入ったのだろうか?
 なお、地図の西に目を向けると、海上油田施設「オペラハウス」の近くから1本の線が天に向かって伸びている

42秒

 アマゾン河のような密林地帯の上空で、パイロット(老兵ではない)が自機の下方を飛ぶ航空機(FASの無人機?)を見つめている。ユージア大陸が戦場となり、ユージアで密林地帯というと、ここはチョピンブルグ地方か?

43秒
オペラハウスの近くから伸びる一本の線[エースコンバット7]

オペラハウスの近くから伸びる一本の線。

 再び地図の画像。オペラハウスの近くにある天に向かって伸びる線を中心とするピンクの円が表示される。また、チョピンブルグ地方の辺りに複数のアイコンが表示されている。

44秒

 F-15、コックピット内部、F-104が順番に映る。

47秒

 「War is taking off」トレイラーにも出てきた、都市の沿岸にそびえ立つ軌道エレベーター。ここで「国際軌道エレベーターがエルジア軍によって占拠された模様です」というニュース音声が。これだけだと大陸戦争でのストーンヘンジ占拠のリプレイになってるわぁ。
 さて、先程の地図と合わせると、この軌道エレベーターはオペラハウス――ガンサー特定重要港湾の付近に建設されているように思われる。ガンサー特定重要港湾は赤道の少し北に位置しているので、軌道エレベーターを建設するのに適した土地ではある(赤道から南北それぞれ緯度35度以内の場所に建設するのが望ましいとされている)。

50秒

 F-15がターゲットを機銃で攻撃。攻撃されたのはF-104か? 被弾の衝撃でパイロットの体が激しく揺れる。
 なお、F-104を攻撃したF-15には所属を示すものが見当たらない。

52秒

 雲の陰から、森林に出来たクレーターが現れる。このクレーターは23秒に出てきた1つ目のクレーターと同じ物か?
 このクレーターの上空を複数の航空機が白い尾を引きながら飛んでいる。

54秒

 コックピット内部からの景色。雲が切れた先に雪山が見える。

55秒

 嵐の中の山岳地域。「War is taking off」トレイラーでは、「雲の渦の真ん中で」の話と共にF-22Aがここで何かと遭遇した様子が映っていたが……。

56秒
歓迎を受けるエルジア王女[エースコンバット7]

王族が相手なのでカーテシーで挨拶。

エルジアの重要人物?[『エースコンバット7』トレイラー第2弾]

「War is taking off」トレイラーより。

変わったスーツを着たパイロットと、彼を世話をする2人の女性[『エースコンバット7』トレイラー第2弾]

同じく「War is taking off」トレイラーより。

 エルジア政府の重要人物と思しき女性が歓迎を受けている。52秒からの台詞にある通り、この女性がエルジア王女「ローザ・コゼット・ド・エルーゼ」なのだろう。だからこそ、出迎えた女性二人組の年上の方がカーテシーで挨拶している。なお、王女を出迎えた女性二人組は、老兵の世話をしている人と同じっぽい。
 王女は老兵のプロジェクトを視察しにやって来たのだろか? それとも老兵自身に用があるのか?

58秒

 前にも出てきた、タンクトップの女性がどこかに連行されているシーン。
 これは収容所なのかと思っていたが、1分06秒に出てくる看板によると、オーシア空軍の「第444基地」らしい。

59秒
タンクトップ女性の右足に着いている物は?[エースコンバット7]

女性の右足に着いている物は?

 タンクトップの女性の右膝辺りのアップ。脚に障害を持っている人が着けている補助器具っぽい物を着けている。先程の連行されているシーンを見直すと、今まではなんか怠い感じに歩いているように見えていたのだが、実は右足を怪我している、または障害を持っているからああいう歩き方をしていたのか? 「War is taking off」トレイラーで女性が格納庫にいるシーンを見直すと、そこでも右足に補助器具っぽい物を着けてますね。

1分01秒

 老兵のプロジェクトに参加していると思われるインテリ眼鏡マン。背後にあるのは老兵のSu-30SMか?

1分03秒
格納庫で佇む男[エースコンバット7]

格納庫で佇む男は老兵?

 インテリ眼鏡マンの視線の先か、格納庫の片隅で男性が椅子に座って佇んでいる。トレイラーを全画面表示にして顔を確認すると、左頬には大きな傷のようなものが入っているので、彼はあの老兵か?

1分04秒

 衛星軌道上の様子を示す映像。多重円で強調されているポイントは何を表しているのだろう?

1分05秒

 留置所の中で佇む女性。

1分08秒
衛星軌道上で何かが起きている?[エースコンバット7]

衛星軌道上で何かが起きている?

 先程の衛星軌道上の様子を示す映像。何かが弾け、それに巻き込まれる形で人工衛星が消えていく様子が映っている。
 『インフィニティ』でもそうだったように、『7』の舞台である2020年頃もユリシーズの残骸がエースコンバット世界の頭痛の種になっているのだろうか? ただ、事故にしては弾けた何かとそれに巻き込まれる人工衛星の数が多いような気がする。「War is taking off」トレイラーのラストに「空を翔ける多数の光の尾」が出てきたが、あれと関係あるのか?

1分10秒

 軌道エレベーターを守る巨大プロペラ機FAS(アーセナルバード?)が登場。エルジアが軌道エレベーターを占拠したということは、FASもエルジアの支配下にあるということか?

1分12秒

 発進準備――HMDの動作チェックを行う老兵。

1分13秒

 老兵のSu-30SMと、ミサイルポッドをぶら下げた白い三本線のF-22Aがすれ違う。

1分14秒

 FASから無人機が発進。

1分15秒
物憂いな雰囲気の女性 1[エースコンバット7]

物憂いな雰囲気の女性。

物憂いな雰囲気の女性 2[エースコンバット7]

1分41秒より。

女性が独り薄暗い海岸にいる理由は?[『エースコンバット7』トレイラー第2弾ロングVer.]

「War is taking off」トレイラーより。

 物憂いな女性の横顔のアップ。1分43秒で再び横顔が出てくるが、2回目の時は周囲が薄暗いことから、この女性は「War is taking off」トレイラーで出てきた「独り薄暗い海で佇む女性」と同一人物か? つーか、この人はローザ王女でいいのか?

1分16秒

 先程の続きか、FASは密林地域で戦闘に入ったようだ。

1分17秒

 留置場の女性が前かがみになる。

 先程の物憂いな女性の所から出た「あなたなら どちらを選ぶかしら?」という問いかけに対し、ここで「オーシアをやっつけろ オー! だ」の台詞が入る。「オーシアをやっつけろ」はタンクトップの女性の台詞だと思うが、この台詞は女性が留置所に入れられる原因となるのか、それとも狼のエンブレムが白の3本線で消される切っ掛けになるのか?

1分18秒

 FASから次々に飛び立つ無人機。

1分19秒その1

 雨の中F-15がミサイルを発射!

1分19秒その2

 今度は晴れた空でミサイルを発射。どうやら基地の上空が戦場になっているようだ。なお、「War is taking off」トレイラーではF-104がこの基地に着陸しようとしていた。

1分21秒

 37秒で出てきた廃墟と同じ場所と思しき所。廃墟の中に陣取る敵艦に低空から接近して機銃を浴びせる。『エースコンバット04』でも同じように廃墟の中に陣取る潜水艦がいたよなぁ。

1分23秒

 日光を浴びる「白の3本線」のデルタ翼機。これはラファールか?
 この辺りで、白の3本線を指して「爪痕の3本線」という台詞が出てくる。白の3本線が何を意図した物かはまだ分からないが、周囲からは「爪痕」と呼ばれる事になるのだろか?

1分24秒
外付けTLS[エースコンバット7]

外付けTLS。

 F-15が機体中央にぶら下げているポッドから高出力レーザーを発射! 前回のトレイラーでレーザーガンポッドが出てきたが、ADF-01 FALKENのTLS(戦術レーザー)も威力が高めのレーザー兵装として一般化しているのか。外付けTLSの形状をよく見ると、ADFX-01 MorganのTLSと似てますな。
 ちなみに、このF-15はコックピットの機器とエアインテークの下部にLANTIRNポッドらしき物があることから、F-15Eか?

1分26秒

 FASに狼のエンブレムを付けたF-16が挑む。

1分28秒

 「爪痕の3本線」のデルタ翼機が、海面スレスレから敵艦に攻撃!

1分31秒その1

 A-10が貯蔵施設らしき場所を攻撃(ガスタンクっぽい物が見える)。

1分32秒その2

 ミサイルポッドをぶら下げたF-22AがFASの無人機の背後を取った。
 ここで「トリガーについていけば 生き残れる」という台詞が出てくる。あの「TRIGGERのエンブレム」は、部隊章ではなくパーソナルマークなのだろか?

1分34秒

 フランカーが放ったミサイルが命中!(相手は無人機ではないっぽい)

1分35秒

 多数の岩の柱がそびえ立つ山岳地帯で、爪痕の3本線のF-22Aと老兵のSu-30SMが遭遇。

1分36秒

 どこかの山岳地域で、F/A-18、ミラージュ、フランカー、F-16(?)が編隊を組む。先頭のホーネットの垂直尾翼には爪痕の3本線。ちなみに、「War is taking off」トレイラーでも編隊飛行のシーンがあったが、前回とは機体構成と背景の景色がちょっと違っている。

1分37秒

細すぎる前進翼機。

 F-22Aのコックピット視点。正面から異形の機体が接近してすれ違う。
 この異形の機体は前進翼だが、シャープかつ細すぎるシルエットが目を引く。これだけ細いとなると無人機だと思うのだが……。また、機体の機首にはカナード翼のような物が付いているが、何回か眺めているとこれが矢尻のように見えてきた。
 こいつがSu-30SM・FASに次ぐ第3の敵となるのか?

1分38秒その1

 壁により掛かるタンクトップの女性。頬には黒の3本線。

1分38秒その2

 老兵の世話をしている2人の女性。

1分39秒

 女性パイロットに「雲の渦の真ん中で」の昔話を話した男性。

1分40秒その1

 パイロットの後ろ姿。ヘルメットからは複数のケーブルが伸びているが、これは老兵の後ろ姿か?(データ測定用にケーブルが一杯ついている?)

1分40秒その2

 老兵との対比かのように、格納庫でF-15を見つめるタンクトップの女性。

1分41秒

 インテリ眼鏡マン、老兵、1分15秒で出てきた物憂いな女性の顔のアップが順番に映る。

1分43秒

 老兵のSu-30SMが垂直上昇をする後ろから機銃が飛んでくる。ある程度の高度に達した所で急反転し、機銃を撃ってきた敵艦に反撃のミサイルを発射。

1分49秒

 『エースコンバット7』タイトルロゴ。

1分54秒
爪痕の下から覗くトリガーのエンブレム[エースコンバット7]

爪痕の下から覗くトリガーのエンブレム。

 爪痕の3本線が入ったF-22Aをバックにクレジットを表示。爪痕の下から黄色の耳が飛び出しているのが見えるが、消されたエンブレムはやっぱり「拳銃を咥えた狼」なのですかねぇ?

関連記事
関連リンク

 

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.