フライトSTG&制作ツールの未来を見に行こう Project ICKXが東京ゲームショウ2018に出展

 来たる9月20日~23日に開催される「東京ゲームショウ2018」で、同人ゲームサークル「Project ICKX」がインディーゲームコーナーに出展する(ブースの場所:9ホール-A08)。
 (私の記憶が確かならば)3年振り3度目の参加となる今回は、フライトアクション『VERTICAL STRIKE ENDLESS CHALLENGE』を展示するとのこと(『VSEC』は同人ショップの他に【Steam】と【Nintendo Switch】でも配信中!)。

 

VERTICAL STRIKE ENDLESS CHALLENGE

 

 『VERTICAL STRIKE ENDLESS CHALLENGE』は「お手軽に爽快感を味わえる」「短い時間でもサクッと遊べる」をコンセプトとした本格フライトアクションゲームで、無限に迫り来る戦闘機や艦船の波を相手にするアーケードモードを収録している。
 『VSEC』の自機やミサイルはかなり強力に設定されているので、フライトシューティング初心者でもすぐに「俺Tueeee!!」感を味わえるのが大きな特徴である。かと言ってずっとヌルいという訳ではなく、WAVEが進むと歴戦の猛者でも手に汗握る戦いになる。調子がノッてくると1、2時間は平気で吹っ飛ぶのはザラだったりする。
 また、『VSEC』には機体の運動性能を飛躍的に上昇させる「リミッターカット」という機能があり、操作に慣れればコブラやクルビットといったポストストールマニューバを、修練を積めばさらにその先を繰り出すことも出来る。

 

ゲームを作れない人を無くす「alternator」

 さて、『VERTICAL STRIKE』は「お手軽なフラシュー」の他にもう1つ主題がある。それは、「次世代フライトシューティングつくーる」……こと3Dフライトシューティングフレームワーク「alternator(オルタネータ)」のテストベッドという面である。
 alternatorとは、ICKXが「ゲームを作れない人を作らない」事を目標に開発を進めている3Dフライトシューティングゲームエンジン――正確には3Dフライトシューティングフレームワークで、シナリオと演出のアイデアさえあればそれをゲームとして具現化出来るようにする事を目指している。
 ちなみに、alternatorはUnityで開発されているが、『VERTICAL STRIKE』ではalternatorの素のポテンシャルを示すため有償アセットの類は使っていないとのこと。

Project ICKXとは?

 Project ICKXは2010年にドラマチックフライトシューティング『EFFY one of unreasonable “if”』のリメイクプロジェクトとして発足したのを始まりとする。

 

 

この『EFFY』に関する活動の中で、

Project ICKX公式サイト – About”より
私たちは活動を通じて、さまざまな益を上げ、また人とのつながりを得ることができました。
そこで『同人で得た益は同人に返そう』として協議した結果、『同人をプロデュースするサークル』としてサークルを再構築しました。
それが現在のProject ICKXです。

――とサークルの新たな活動を見い出し、現在は「同人でフライトシューティングを作っているサークルのプロデュース」を活動内容としている。

 『EFFY』の後は、フライトシューティングのチュートリアルを更に優しくした『間違った社員教育』や、東南アジアを舞台にした対地攻撃成分多めな『トリプル・キャノピーの魔女』といった作品をリリースしたり、時には時流に乗った単発ネタを発表したりもし、今ではゲームエンジンの自作に乗り出している。

 




 

 「ICKXの中の人はどんな思考回路を持っているんだ?」とか「alternatorでもっと具体的に何が出来るの?」など興味を持った人は、ぜひゲームショウ当日はインディーゲームコーナー・9ホール-A08へ。

-VERTICAL STRIKE, 同人フライトシューティング
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください