Mission 12:大量破壊兵器無力化 -凶禍隠す敵陣深く-

更新日:

<< Mission 11 | ミッション一覧 | Mission 13 >>

目次

  1. ミッションデータ
    1. 基本データ
    2. 作戦目的
    3. Sランク獲得条件
    4. ネームド機
    5. クリア後に購入可能になる機体
  2. ミッション攻略

[スポンサーリンク]

ミッションデータ

基本データ

  • 作戦日時:2016年3月26日1432時
  • 作戦エリア:フォートノートン

作戦目的

  • 1次ミッション:谷の中を飛行し、大量破壊兵器輸送部隊を撃破する。※制限時間20分。
  • 2次ミッション ※制限時間60分
    1. マップの西端まで撤退する。
    2. 友軍が到着するまで生き残る。
    3. 敵航空機部隊の全滅。

Sランク獲得条件

  • ミッション全体で28,320ポイント以上(27,670ポイントでAランク)。

ネームド機:F-2A FLYUGER

1次ミッションで大量破壊兵器輸送部隊がいる地点に到達すると、自機の後方に出現。RCLを放ってくるので、輸送部隊は速やかに撃破するのが吉。

クリア後に購入可能になる機体

  • Typhoon

ミッション攻略

 シリーズ恒例の渓谷ミッション。ブリーフィングの内容から対地攻撃ミッションだと思いきや「騙して悪いが」系ミッションで、アタッカー系機体で出撃すると泣きを見る。機体はF-15Eを選ぶと2次ミッションで敵から逃げるのが楽になるが、1次ミッションのクリアを重視するなら旋回性能が高いRafale Mを選ぶと良いだろう。なお、Sランクを狙うなら特殊兵装はXMAA系を積むこと。
 Sランクを取るには、2次ミッションの前半で敵航空機をある程度撃ち落とす必要がある。具体的には、ゴーストアイが「多いぞ!大群だ!」と言う時点で5,000ポイント程度稼げていればSランクを取れる。

1次ミッション

 今作の渓谷ミッションでは、道中の要所に存在する監視拠点を制限時間内に破壊する事になる。制限時間は各拠点1分(第2・第3拠点の間にいる監視船は20秒)だが、40秒ほどで全てのTGTを撃破出来るだろうから慌てる必要は無い。
 拠点攻撃で注意すべき事は、ターゲットをよく狙ってからミサイルを発射すること。『6』は地上目標でも適当にミサイルを撃っては命中しないので、HUD中央のウイスキーマークと目標コンテナを重ねるくらい近づけてから発射するように心掛けるべし。また、速度を落とし過ぎて失速してしまわないように。

目標地点の非TGTの敵はスルー

 大量破壊兵器輸送隊がいる最後のエリアには非TGTの敵もいるが、こいつらはスルーして構わない。むしろ他の敵に構うと輸送隊がトンネルの中に入ってしまいミッション失敗となることも。また、Sランクを狙う場合も、どのみち2次ミッションでスコア稼ぎをするのだからここの敵はスルーしても問題無い。

後ろからタイフーンとネームド機

 輸送隊を攻撃するタイミングで自機の後方からTyphoon(難易度エキスパート以上ならネームド機も)が現れる。輸送隊を全滅させたらこいつも堕としてスコアを稼いでおこう。

2次ミッション

 2次ミッションの敵は「西の帰還ラインに近づく」「2次ミッションが始まってから一定時間が経過する」のいずれかの条件を満たすと増援が次々に出現する。クリアを目指すだけなら全速力で西へ逃げよう。
 なお、敵の中にはスピードに優れるF-15Eもおり、こちらが全速力で逃げても後ろにピッタリ付いて機銃を撃ってくる場合があるので、ピッタリ付いてくる敵がいた時は直線飛行を止めてシザーズ(ジグザグ)機動を行うなどして被弾を避けよう。

Sランク狙いならその場に留まる

 上述の通り、西へ逃げると敵の数が増えてしまう。Sランク狙いの場合は2次ミッションが始まってもひとまずその場に留まり、近づいてくる敵をXMAAで撃墜しよう。総論で書いた通り、ゴーストアイが「多いぞ!大群だ!」と言って敵がTGTに切り替わるまでに5,000ポイント稼げばSランクを取れる。

直角に曲がるようにして敵を誘導

 西の帰還ライン近くまで来て敵がTGTに切り替わったら、友軍部隊が到着するまで敵の追撃を避け続けることに。帰還ラインから離れないように気を付けつつ、四角形を描くように飛んでいれば敵の攻撃は凌げるはず。
 2分間耐え切れば友軍が救援に駆けつけてくれる。それと同時にASGが満タンになるので、味方が敵部隊と接触したのを確認してから支援要請を発動して反撃に移ろう。

[スポンサーリンク]

<< Mission 11 | ミッション一覧 | Mission 13 >>

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。