その他の特殊兵装一覧

更新日:

<< 対地特殊兵装 | 特殊兵装一覧・目次 | 対空特殊兵装 >>

 

※表の見方は「特殊兵装一覧・目次」のページを参照してください。
※性能パラメーターの数値は複数回に渡って変更されている。

  • アップデート第5弾(2014年11月6日)に1回目の調整(調整1)が行われた。
  • アップデート第6弾(2014年12月4日)でパラメーターの数値が変更された(性能そのものは変わっていない)。
  • アップデート第9弾(2015年5月14日)で2回目の調整(調整2)が行われた。
  • アップデート第10弾(2015年7月16日)で3回目の調整(調整3)が行われた。

目次

  1. MGP(機関砲ポッド)
  2. EML(レールガンユニット)
  3. RKTLS(ロケットランチャー(小型))
  4. RKTL(ロケットランチャー)
  5. ECM(電子攻撃ポッド)
  6. ESM(電子支援ポッド)
  7. TLS(戦術レーザーシステム)
  8. MSTM(多連装 統合攻撃ミサイル)
  9. ADMM(全方位多目的ミサイル)
  10. MPBM(多用途炸裂弾頭ミサイル)
  11. LSWM(長距離 衝撃波弾頭ミサイル)

[スポンサーリンク]

MGP(機関砲ポッド)

説明

外部取り付け型の追加機関砲。
機関砲の弾数を大幅に確保できるだけでなく、標準搭載の機関砲との同時掃射によって、非常に高威力の近接攻撃を可能とする。

機銃の数を増やすイメージ。ガンキルの腕があれば、敵にECMを使われようがフレアを使われようが安定してダメージを与えることが出来る。

なお、目標をMGPの射程距離に捉えると、MGP専用の照準が表示される。

性能

Lv. DMG-A DMG-G HOMING LONG-R DMG-R RELOAD Cst 価格
1 F(1) F(1) F(―) E(22)

約4,410ft(1,323m)

F(―) S+(132) 4 ――
2 F(1) F(1) F(―) E(24)

約4,740ft(1,422m)

F(―)  S+(132) 15 44,400
3 F(1) F(1) F(―) E(28) F(―) S+(132) 21 86,400
4 F(1) F(1) F(―) E+(29) F(―) S+(132) 43 271,200

使用可能機体

機体名 機体レベルごとの弾数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
MiG-21bis 350 400 500 550 600 650 700
MiG-21bis -Sagittarius-[☆2] 500 550 650
MiG-21bis -Viper-[☆4]
Su-25TM Frogfoot 550 600 650 700
750 800 850
Su-24M Fencer-D 500 600 700 750 800 850 900

EML(レールガンユニット)

※2015年6月1日に追加。

説明

電磁力により加速された、超高速の弾丸を撃ち出す特殊兵装。
無誘導だが弾速が極めて速く、高威力なため、狙いとタイミングを合わせれば、空中/地上を問わず、目標に大ダメージを与えることが可能。

TLSと同類と認識されている特殊兵装。ただ、TLSと違い着弾までに若干のタイムラグがあるので、遠距離から狙撃する際は偏差射撃を心掛ける必要がある。

性能

Lv. DMG-A DMG-G HOMING LONG-R DMG-R RELOAD Cst 価格
1

(初期)

D+(57) D+(57) F(―) S+(133) F(―) B+(91) 16 ――
2 C(59) C(59) F(―) S+(133) F(―) B+(92) 33 26,640
3 C(62) C(62) F(―) S+(133) F(―) B+(96) 42 103,680
4 C(66) C(66) F(―) S+(133) F(―) B+(98) 74 406,800

使用可能機体

機体名 機体レベルごとの弾数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
CFA-44 Nosferatu
CFA-44 -Strigon Leader-[☆4]

RKTLS(ロケットランチャー(小型))

※2015年9月18日に追加。

説明

前方に、無誘導のロケット弾を連続的に発射する特殊兵装。
精密な射撃には向かないが、着弾地点で炸裂し、周辺にも被害を与えることが可能。
広範囲を薙ぎ払うだけでなく、弾着を集中させることで、目標に対してより高いダメージを与えることもできる。
レシプロ機用の小型タイプのため、発射弾数が少なくなっている。

性能

Lv. DMG-A DMG-G HOMING LONG-R DMG-R RELOAD Cst 価格
1

(初期)

F(―) E+(33) F(―) D+(57) F(6) A(108) 4 ――
2

(初期)

F(―) E+(34) F(―) C(59) F(6) A+(110) 15 18,500
3

(初期)

F(―) E+(37) F(―) C(62) F(8) A+(111) 21 72,000
4

(初期)

F(―) E+(38) F(―) C(66) F(8) A+(112) 43 282,500

使用可能機体

機体名 機体レベルごとの弾数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
Supermarine Spitfire Mk.IXe
Supermarine Spitfire Mk.IXe

-Flying Aces-[☆4]

Messerschmitt Bf 109 G-10
Bf 109 G-10 -Flying Aces-[☆4]
A6M5 ZERO
A6M5 -Flying Aces-[☆4]
P-38L Lightning
P-38L -Flying Aces-[☆4]

RKTL(ロケットランチャー)

説明

前方に、無誘導のロケット弾を連続的に発射する特殊兵装。
精密な射撃には向かないが、着弾地点で炸裂し、周辺にも損害を与えることが可能。
広範囲を薙ぎ払うだけでなく、弾着を集中させることで、目標に対してより高いダメージを与えることもできる。

1セット10発のロケット弾を連続で発射する。リロードは1セットを撃ち切ってから行われる。

威力が上がった機銃というイメージで、単一目標に全弾当てれば大ダメージが期待でき、発射時に機体を動かせば広い範囲の敵を薙ぎ払うことも出来る。

ただ、1発の効果範囲はそれほど広くないので、ある程度は精度の高い照準合わせが求められる。

性能

※射程距離は、自機と同高度にいる標的を使って計測している。
※2回目のバランス調整(2015年5月14日のアップデート第9弾)で対地攻撃力と射程距離が上方調整された。

Lv. DMG-A DMG-G HOMING LONG-R DMG-R RELOAD Cst 価格
1

(初期)

F(―) E(19) F(―) E(19)

約9,270ft(2,781m)

F+(7) A(74)

約6.20秒

6 ――
1

(初期)

F(―) E(28) F(―) E(28)

約9,270ft(2,781m)

F+(9) A(106)

約6.20秒

1

(調整2)

F(―) E+(33) F(―) D+(57)

約17,570ft(5,271m)

F+(9) A(106)

約6.20秒

2

(初期)

F(―) E+(20) F(―) E+(21)

約9,730ft(2,919m)

F+(7) A(75)

約6.00秒

18 48,100

→19,240

2

(調整2)

F(―) E+(34) F(―) C(59) F+(9) A(107)
3

(初期)

F(―) E+(21) F(―) E+(23)

約10,530ft(3,159m)

F+(7) A(76)

約5.70秒

25 93,600
3

(変更)

F(―) E+(30) F(―) E+(34)

約10,530ft(3,159m)

F+(10) A(108)

約5.70秒

3

(調整1)

F(―) E+(37) F(―) C(62) F+(10) A(108)
4

(初期)

F(―) E+(22) F(―)

E+(25)

約11,420ft(3,426m)

F+(7) A+(77)

約5.40秒

48 293,800
4

(初期)

F(―) E+(32) F(―) E+(36)
約11,420ft(3,426m)
F+(10) A+(110)
約5.40秒
4

(調整2)

F(―) E+(38) F(―) C(66)

約20,270ft(6,081m)

F+(10) A+(110)

約5.40秒

5

(調整2)

F(―) D(39) F(―)

C(68)

約21,100ft(6,330m)

F+(12) A+(112)

約5.00秒

70 640,900

使用可能機体

機体名 機体レベルごとの弾数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
J35J Draken
F-5E TigerⅡ 10 12 14 16
F-5E -Pisces-[☆2]
F-5E -Shin Kazama-[☆3] 12 14
F-5E -Heartbreak One-[☆4]
AV-8B HarrierⅡ plus 9 10 12 13 14 15 16
AV-8B -Aquarius-[☆2]
AV-8B -HIBIKI-[☆3]
AV-8B -Kim Aba-[☆3] 12 14 16
F-2A 17 18 19 20
21 22 23
F-2A -AMI-[☆3]
F-2A -Nagase-[☆4] 10 12
F-2A -60th Anniversary-[☆4]
Gripen C 10 12 14 15 16 17 18
Gripen C -TAKANE-[☆3]
Gripen C -Griffon-[☆4]
A-10A ThunderboltⅡ 14 16 18 19 20 21 22
23
A-10A -Happy Holidays-[☆2]
A-10A -Distant Thunder-[☆2]
A-10A -Greg Gates-[☆3]
A-10A -Oruma-[☆4]

ECM(電子攻撃ポッド)

説明

周囲一帯に電子妨害を行う特殊兵装。
一定時間ジャミング電波を発生させ、効果範囲内の敵のロックオンや、ミサイル誘導を妨害する。

効果持続時間は20秒。チームデスマッチでは数秒に短縮される。
一定時間の間、自機と効果範囲内にいる味方に対するミサイル攻撃をほぼ無効化すると共に、敵のロックオンも不安定化させる。効果範囲はレーダーに青い円で表示される。
東京マップの後半戦のように、敵ミサイルの攻撃が激しいミッションで使うと自分もチームメイトも攻撃に専念しやすくなるだろう。

性能

Lv. DMG-A DMG-G HOMING LONG-R DMG-R RELOAD Cst 価格
1 F(―) F(―) F(―) F(―) F(―) D(47)

約28.65秒

2

――

2 F(―) F(―) F(―) F(―) F(―) D+(51)

約28.00秒

12 40,700

→16,280

3 F(―) F(―) F(―) F(―) F(―) D+(53)

約27.00秒

18 79,200
4 F(―) F(―) F(―) F(―) F(―) D+(58)

約26.00秒

38 248,600
5 F(―) F(―) F(―) F(―) F(―) C(62)

約24.50秒

56 542,300

使用可能機体

機体名 機体レベルごとの弾数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
Supermarine Spitfire Mk.IXe 2 3 4
Supermarine Spitfire Mk.IXe

-Flying Aces-[☆4]

4 5
Messerschmitt Bf 109 G-10 2 3 4
Bf 109 G-10 -Flying Aces-[☆4] 4 5
A6M5 ZERO 2 3 4
A6M5 -Flying Aces-[☆4] 4 5
P-38L Lightning 2 3 4
P-38L -Flying Aces-[☆4] 4 5
Su-24MP Fencer 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
Su-24MP -Capricorn-[☆2] 6 7
EA-18G Growler 11 12 13 14
ADFX-01 Morgan 7 8 9 10
ADFX-01 -Block1-[☆1] 9 10
ADFX-01 -Pixy-[☆4] 12 13 14 15
XFA-27
CFA-44 Nosferatu
CFA-44 -Strigon Leader-[☆4]

ESM(電子支援ポッド)

説明

周囲の味方機から発信される戦術情報信号を中継する特殊兵装。
一定時間、味方機の通信送受感度が高まり、より広範囲でのデータリンクを可能とする。

効果持続時間は20秒。使用中はデータリンクの接続可能距離が伸びる。
ちなみに、ESM使用中のチームメイトとデータリンクすると、行動評価ボーナス「エレクトロライダー」を獲得する。

性能

Lv. DMG-A DMG-G HOMING LONG-R DMG-R RELOAD Cst 価格
1 F(―) F(―) F(―) F(―) F(―) D(47)

約29.50秒

2 ――
2 F(―) F(―) F(―) F(―) F(―) D+(51)

約28.00秒

12 40,700

→16,280

3 F(―) F(―) F(―) F(―) F(―) D+(53)

約26.85秒

18 79,200
4 F(―) F(―) F(―) F(―) F(―) D+(58)

約25.70秒

38 248,600
5 F(―) F(―) F(―) F(―) F(―) C(62)

約24.50秒

56 542,300

使用可能機体

機体名 機体レベルごとの弾数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
Su-24MP Fencer 7 8 9 10
Su-24MP -Capricorn-[☆2]
EA-18G Growler 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

TLS(戦術レーザーシステム)

説明

高出力レーザーを目標に照射し、ダメージを与える特殊兵装。
発射から命中までの時間差がなく、空中/地上を問わず、狙いとタイミング次第で目標に命中させることができる。
同一目標に照射し続けるか、広範囲を薙ぎ払うか状況に応じた使い分けも可能。

自機の前方に高出力レーザーを数秒間照射する。射程距離が長く、敵に当て続ければ大ダメージを与えることが可能なので、技量を積めば敵機を一方的に叩き落とすことも出来る。

耐久力が高い地上目標を攻撃するのに有効である他、「Area B7R Dogfight Battle」のように敵が密集している所を狙えば一網打尽に出来る事も。
余談で、シリーズにおいてTLSは大きく2種類存在し、ADFX-01が装備しているのは所謂プロトタイプの方で、ADF-01が装備しているのは発展型である。

性能

※レーザーの照射時間はレベルに関係無く約5.30秒。

Lv. DMG-A DMG-G HOMING LONG-R DMG-R RELOAD Cst 価格
1 C+(71) S+(133) F(―) C+(71)

約19,690ft(5,907m)

 F(―) E(28)

約19.45秒

12

――

2 C+(73) S+(134) F(―) C+(71)

約19,690ft(5,907m)

F(―) E+(33)

約18.15秒

27 59,200

→23,680

3 C+(78) S+(137) F(―) C+(71)

約19,690ft(5,907m)

F(―) D(39)

約17.20秒

35

115,200

4 B(81) S+(138) F(―) C+(71)

約19,690ft(5,907m)

F(―) D(44)

約16.20秒

64 361,600
5 B(86) S+(140) F(―) C+(71)

約19,690ft(5,907m)

F(―) D+(51)

約15.30秒

 91 788,800

使用可能機体

機体名 機体レベルごとの弾数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
ADFX-01 Morgan 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ADFX-01 -Block1-[☆1] 1 1 1 1 1 2 2 2
ADFX-01 -Pixy-[☆4] 3 5 7 9 11 12 13 14 15 16
ADF-01 FALKEN 4 6 8 9 10 11 12 13 14 15
16
ADF-01 -Osea-[☆4] 5 7
X-49 -Night Raven- 4 6
X-49 -Rena Hirose-[☆4] 5 6

MSTM(多連装 統合攻撃ミサイル)

※2015年3月5日に追加。

説明

最大4発まで連続して発射が可能な統合攻撃ミサイル。
性能は標準搭載のミサイルと同程度で、対空/対地両方をロックオンできる。
単一目標に対しての集中攻撃から多数の目標に対しての立ち回りまで、混沌とする戦場でこそ最大の強みを発揮する。

性能

Lv. DMG-A DMG-G HOMING LONG-R DMG-R RELOAD Cst 価格
1

(初期)

E(19) E(19) D+(54) E(23) F(―) A+(111) 17 ――
2 E(23) E(23) D+(57) E(24) F(―) A+(111) 31 25,160
3 E(28) E(28) D+(57) E(28) F(―) A+(112) 40 97,920
4 E+(30) E+(30) D+(58) E+(29) F(―) A+(112) 64 384,200

使用可能機体

機体名 機体レベルごとの弾数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
T-50 -Albireo-[☆4]
XFA-27
XFA-27 -Scarface1-[☆4]
GAF-1 -Sulejmani-[☆4]

ADMM(全方位多目的ミサイル)

※2015年6月1日に追加。

説明

対空・対地の両方を同時に攻撃可能な、多目的ミサイル。
単発の威力は低いが、誘導力の高い12発の小型ミサイルで複数目標を同時にロックオンし、周囲一体の目標を効率的に破壊することが可能。
航空機と地上、海上の目標が入り乱れる戦場で、特に高い効果を発揮する。

「マクロスミサイル」の俗称で知られる『エースコンバット6』のバランスブレイカー。
最大12の目標を誘導性能が高いミサイルで攻撃出来るのだが、今作のADMMは弾頭1発ごとにロックオンする必要がある――ロックオンしてない弾頭は誘導せずに明後日の方向へ飛んで行くので、最大の効果を発揮するにはカスタマイズパーツ「高速飛行物体検出装置(SP.W)」「グランドクラッター解析装置(SP.W)」を装備してロックオン速度を上げる事も考える必要がある。ちなみに、ロックオンを完了する時間は空の敵より地上の敵の方が体感的に早い。
なお、ADMMはマクロスミサイルの俗称の通り発射すると一旦機体の周りに広がってから誘導を開始する。それ故に発射時はある程度の空間を必要とするので、地表スレスレや閉所で使うといくつかの弾頭が無駄弾になってしまう点に注意しよう。

性能

※リロードは1セットを撃ち切ってから行われる。

Lv. DMG-A DMG-G HOMING LONG-R DMG-R RELOAD Cst 価格
1 E(28) E(28) C+(71) D(47)

約13,010ft(3,903m)

F(―) D+(51)

約13.55秒

16 ――
2 E+(29) E+(29) C+(72) D+(49)

約13,670ft(4,101m)

F(―) D+(54)

約12.90秒

33 66,600
3 E+(30) E+(30) C+(73) D+(51)

約14,440ft(4,332m)

F(―) C(59)

約12.20秒

42 129,600
4 E+(32) E+(32) C+(76) D+(53)

約15,090ft(4,527m)

F(―) C(63)

約11.50秒

74 406,800
5 E+(33) E+(33) C+(77) D+(57) F(―) C(68) 105 887,400

使用可能機体

機体名 機体レベルごとの弾数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
CFA-44 Nosferatu 3 3
CFA-44 -Strigon Leader-[☆4] 4 4

MPBM(多用途炸裂弾頭ミサイル)

※2014年7月1日に追加。

説明

ロックオンした目標に接近すると炸裂する散弾ミサイル。
対空/対地の両方をロックオン可能で、着弾地点の周囲を巻き込む広範囲攻撃が可能。
空地問わず、密集した目標に対して有効。

『エースコンバット・ゼロ』に登場した、着弾地点を中心とした広範囲を攻撃出来る架空兵器。
空・地上を問わずにFAEB並みの範囲を攻撃出来るのが強みだが、その代わりにリロード時間が物凄く長い。そのため改良型目標識別回路(SP.W)が必要になるだろう。

なお、MPBMは炸裂すると爆風により着弾点付近の視界がゼロになるので、場合によっては味方の邪魔になってしまうこともある点は頭に入れておこう。

ちなみに、「T-50 -Akula-」がMPBMを装備しているのは、『アサルト・ホライゾン』のPAK-FAがMPBMに似た兵器であるEW1(トリニティ)を使えた事に因んでいる思われる。

性能

Lv. DMG-A DMG-G HOMING LONG-R DMG-R RELOAD Cst 価格
1 D+(57) D+(57) C(62) D+(58)

約16,400ft(4,920m)

C(61) D(44)

約16.00秒

16 ――
2 C(59) C(59) C(63) C(61)

約17,230ft(5,169m)

C(61) D+(49)

約15.15秒

33 66,600
3 C(62) C(62) C(66) C(63)

約18,040ft(5,412m)

C(61) D+(53)

約13.80秒

42 129,600
4 C(66) C(66) C(67) C(67)

約18,860ft(5,658m)

C(61) C(59)

約13.05秒

74 406,800
5 C(68) C(68) C(68) C+(71)

約19,680ft(5,904m)

C(61) C(63)

約12.30秒

105 887,400

使用可能機体

機体名 機体レベルごとの弾数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
T-50 -Akula-[☆4]
ADFX-01 Morgan 1 2 3 4 5 6 7
ADFX-01 -Pixy-[☆4] 4 5 6 7 8 9 10

LSWM(長距離 衝撃波弾頭ミサイル)

※2015年5月14日に追加。

説明

着弾地点を中心に衝撃波を発生させる特殊弾頭ミサイル。
対空/対地の両目標をロックオン可能で、周囲を広く巻き込む範囲攻撃が特徴。
密集した目標群への遠距離からの攻撃が有効だが、誘導性能は劣悪のため慎重な取り扱いを要する。

性能

Lv. DMG-A DMG-G HOMING LONG-R DMG-R RELOAD Cst 価格
1

(初期)

C(63) C(63) C(62) C(63) D(43) E(28) 16 ――
2 C+(69) C+(69) C(63) C(68) D(43) E+(33) 31 26,640
3 C+(76) C+(76) C(66) C+(71) D(43) D(39) 41 103,680
4 B(82) B(82) C(67) C+(73) D(43) D(44) 66 406,800

使用可能機体

機体名 機体レベルごとの弾数
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
XFA-33 Fenrir
GAF-1 Varcolac
GAF-1 -Sulejmani-[☆4]

[スポンサーリンク]

<< 対地特殊兵装 | 特殊兵装一覧・目次 | 対空特殊兵装 >>

投稿者:

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.