『EFFY』のハウンドとラスボスの声優によるProject ICKX作品コメンタリー実況プレイの生放送を12月13日15時より実施

Project ICKX
  • 2020年12月13日:生放送のアーカイブを追加。
Project ICKX ロゴ

 同人ゲームサークル「Project ICKX」がサークル設立10周年記念のオンラインイベントを11月に続いて開催する(cf.過去記事)。イベント第1回(前回は試験放送回)の内容は、ドラマチックフライトシューティング『EFFY one of unreasonable “if”』でハウンド役と最終ボス役を務めた声優お二人によるICKX作品コメンタリー実況プレイの生放送。放送は12月13日(日)15:00より開始

 サークル「GUNGNIR OVER REV」の方々は、Project ICKXの処女作『EFFY one of unreasonable “if”』から続けてICKX作品に声優として参加している。

Project ICKX 10周年記念イベントの第1回は、その「GUNGNIR OVER REV」から『EFFY』でハウンド役を務めた紫季 伊冬那さんと最終ボス役を務めた藤沢 大典さんを招き、お二人にICKX作品のコメンタリー実況プレイをしていただくとのこと。
 特に紫季さんは『EFFY』PVの「俺、ハウンド!」が有名であるが、果たしてお二人からどんな話が飛び出すか? 乞うご期待!

EFFY one of unreasonable "if" PV

 なお、実況プレイする作品に『アサルトスフィア』が含まれている理由はPVを見る(聴く)と分かる。

Assault Sphere PV1

Project ICKX 10周年記念 関係者コメンタリ実況配信 第1回

 放送では、ICKXから渡された脚本を紫季さん達がどう形にしていったかを振り返ると共に、数年経った今改めて聞いてどう思うかという話となった。
 また、作品の制作舞台裏についても色々興味深い話が出て来ましたね。『ハウンドの勇気』制作の発端。『アサルトスフィア』はスクリプトや機体のモデリングだけでなく物質的な面でもガチな話があったこと。『VERTICAL STRIKE ENDLESS CHALLENGE』に登場したXSF-3A(先進技術実証機X-2)を4K解像度レベルで描いたモデル、などなど。

関連記事
『EFFY』原作者とエフィ役の声優が参加! Project ICKX作品コメンタリー実況生放送の第2回を12月26日に実施
同人ゲームサークル「Project ICKX」がサークル設立10周年記念オンラインイベントの第2回を開催する。第2回もICKX作品の作者とゲストによるコメンタリー実況となるが、今回は『EFFY one of unreasonable “if”』の原作者が生放送に参加する!
フライトシューティング初心者向け同人ゲーム『間違った社員教育』の制作者によるコメンタリー実況プレイの生放送を11月6日夜に実施
同人ゲームサークル「Project ICKX」がサークル設立10周年のオンラインイベントを11月6日に実施する。イベントの内容は、フライトシューティング初心者向けソフト『間違った社員教育』の制作者によるコメンタリ実況プレイの生放送。

コメント

タイトルとURLをコピーしました