骨のエンブレムの正体? 8月2日辺りに新情報公開[エースコンバット インフィニティ]

骨のエンブレムの正体?[エースコンバット インフィニティ]

 7月19日に発表されたエースコンバットシリーズ新作『エースコンバット インフィニティ

 タイトル発表から1週間後の7月26日に、「エースコンバット公式Twitter」が8月2日辺りにリリースする新情報の予告として1枚の画像を公開した。

画像解析

……つーワケで、例によって画像を解析してみる。

IYULI絡みのミッション?

 今回うpされた画像はブリーフィング画面っぽい。まず画面の右側に着目すると、「ロケーション:IYULI」の文字が。IYULIと言えばティザームービーで出てきた黒海北東の地域で、何やら人(難民?)が集まっていてキナ臭さを漂わせていた場所である。
 画面の右下を見ると、

  • 作戦内容か、CAS(CLOSE AIR SUPPORT、近接航空支援)の文字が。
  • 時刻は1500HRS。
  • 日付は「JUNE 2 2019(2019年6月2日)」。2019年はティザームービーに出てきた年の1つである。

2つの部隊名

 次に地図に表示されている部隊名に注目すると、右の部隊が「BONE ARROWS」、左の部隊が「UNF MARINE COMMANDORS」となっている。

骨のエンブレムの正体?

 ここで思い出すのが、7月17日に河野プロデューサーがうpした写真。

 写真の中のペットボトルの後ろに、骨で作った三角形またはアルファベットのAをあしらったようなエンブレムが見える。絵の下に書かれている文字は「◯NE-A◯」で、前の単語は「BONE」ではないかと囁かれていた。
 このエンブレムは、今日公開された画像に写っている部隊「BONE ARROW」の物ではないだろうか?

ムービーの震電Ⅱは国連軍に所属?

 また「UNF MARINE COMMANDORS」の方は、ティザームービーに出てきたASF-X震電Ⅱの尾翼に描かれていたマークと関係があるかもしれない。なお、UNFは英語辞書の通り国連軍(United Nations Forces)と認識してよいか。

リッジレーサー20周年も絡んでくる?

 順番が前後したが、画面右の真ん中には「FOGBOUND」の文字が。私は「?」だったけど、リッジレーサーをやっている人にとっては「ティンとくる」キーワードだそうな。

 39sqさんによると、今年は初代リッジレーサー(アーケード版)が稼働を開始してから20周年に当たるとのこと。更に「この流れだと10周年作品も出るのでは?」という事で39sqさんが確認したところ、2003年は『Venus&Braves』が該当する

 マッピー30周年にリッジレーサー20周年。ストーリーの核心に関わるとは思えないので、『エースコンバット6』の味方部隊のように小ネタ(イースターエッグ)として仕込まれるのかな?

2 Replies to “骨のエンブレムの正体? 8月2日辺りに新情報公開[エースコンバット インフィニティ]”

  1. Venus&Bravesといえばエースコンバットお抱えのBGMコンポーザ小林啓樹氏が関わっていますね
    何かBGM方面でのオマージュがあってもおかしくありませんね

    1. >>SKGさん
      過去シリーズのBGMだけでなくナムコ作品のBGMを引っ張ってくる、ですか。
      ミッション、またはムービーパートのBGMとして仕込んでくる可能性も考えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA