道行く人の足を止めたフライトアクション『Concept Model 1』 デジゲー博2016レポート[Project ICKX]

記事公開日:2016年11月15日(火)

Category: 同人フライトシューティング

通路側の宣伝モニター 5[Concept Model 1][デジゲー博2016][Project ICKX]

 同人&インディーゲームオンリーイベント「デジゲー博2016が11月13日に秋葉原UDXで開催された。

 同人ゲームサークル「Project ICKX」が、衛星写真等を用いずに風景の精密な描画を実現した霊峰富士を巡るVR対応フライトアクション『Concept Model 1 -VR Review-を出展するということで、スペースにお邪魔させてもらった時の様子をレポートする。



続きを読む

写真素材からの「卒業」――霊峰富士を巡るVR対応フライトアクション『Concept Model 1 -VR Review-』[デジゲー博2016][Project ICKX]

記事公開日:2016年11月03日(木)

Category: 同人フライトシューティング

  • 11月4日:実際に飛べる範囲について追記。
  • 11月6日:トレイラームービーと日本列島VRの情報を追加。
  • 11月7日:富士山VR(日本列島VR)の機能について追記。

『Concept Model 1 -VR Review-』ポスター[デジゲー博2016][Project ICKX]

 11月13日に秋葉原UDXで開催される同人&インディーゲームオンリーイベント「デジゲー博2016。そこで同人ゲームサークル「Project ICKX(場所:A-13ab)」がVR対応フライトアクション・開発コード「CM1」を実機展示および頒布することを発表しているが(cf.前記事1前記事2)、これまでの告知で「VRは添え物です」「今回の隠し玉はぶっちゃけ戦闘とかどうでもよくなるやつ」と語っていた新刊における「本命」が2日に明らかにされた。

 

 デジゲー博2016の新刊は、霊峰富士を巡るVR対応フライトアクション『Concept Model 1 -VR Review-(頒布価格は500円)。「合資会社VoxcellDesign」との技術提携によって衛星写真等を用いない精密な描画を実現している。
※『CM1』のVRモードは、眼の健康への懸念から13歳未満のプレイは禁止となっています(cf.ICKX公式Twitter)。

 

続きを読む

十分に発達した描画技術による空は、見分けがつかない[デジゲー博2016][Project ICKX]

記事公開日:2016年10月29日(土)

Category: 同人フライトシューティング

  • 10月30日:仕込み画像を見抜くポイント及びミスリードを誘うポイントの解説を追加。

※次記事:写真素材からの「卒業」――霊峰富士を巡るVR対応フライトアクション『Concept Model 1 -VR Review-』[デジゲー博2016][Project ICKX]


%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%b2%e3%83%bc%e5%8d%9a2016-%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%812%ef%bc%bbproject-ickx%ef%bc%bd

 同人ゲームサークル「Project ICKX(場所:A-13ab)」が新刊となるVR対応フライトアクション・開発コード「CM1」の実機展示および頒布を発表した(cf.前記事)、同人&インディーゲームオンリーイベント「デジゲー博2016」。

 

※デジゲー博2016は11月13日(日)の11:00~16:00に秋葉原UDX 2階アキバ・スクエアで開催。入場にはカタログの購入(1,000円)が必要。

 

 前回の告知ではVRとは別に「本命」が存在する事を仄めかしていたが、27日深夜(28日未明)にICKXが思わせぶりなツイートを投稿した。

続きを読む

デジゲー博2016でVR対応フライトアクションと「本命」をリリース![Project ICKX]

記事公開日:2016年10月24日(月)

Category: 同人フライトシューティング


%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%b2%e3%83%bc%e5%8d%9a2016-%e3%82%ab%e3%82%bf%e3%83%ad%e3%82%b0

 来たる11月13日(日)に、同人&インディーゲームオンリーイベント「デジゲー博2016」が秋葉原UDX 2階アキバ・スクエアで開催される。開催時間は11:00~16:00で、入場にはカタログの購入が必要(カタログは【同人ショップ等で前売り販売中】。価格は税込1,080円)。
 今年も同人ゲームサークル「Project ICKX(場所:A-13ab)」が出展するが、今回ICKXは新刊としてVR対応フライトアクション――開発コード「CM1」をリリースするということだが、VRとは別に「本命」を用意しているらしい。


続きを読む

EFFYファンディスク『ハウンドの勇気』、DL版をリリースするか再生産するかのアンケートを実施[Project ICKX]

記事公開日:2016年08月10日(水)

Category: EFFY one of unreasonable "if"

  • 8月16日:集計結果が出たので追記。

 同人ゲームサークル「Project ICKX」の処女作『EFFY one of unreasonable “if”』。『EFFY』の頒布開始から約1年後の2011年夏にファンディスク『ハウンドの勇気』がリリースされた。

EFFYファンディスク『ハウンドの勇気』 ジャケット

EFFYファンディスク『ハウンドの勇気』のジャケット。コメットさんとフルトが描かれている。

コミックZIN秋葉原店店頭ディスプレイでの展開[EFFYファンディスク『ハウンドの勇気』]

委託頒布開始時はコミックZIN秋葉原店の店頭ディスプレイででっかく宣伝された。
※看板の絵の元データが【制作者さんのTwitter】で蔵出しされている。

 さて、この夏で『ハウンドの勇気』がリリースされてから丸5年が経過するのだが、『ハウンドの勇気』の在庫は愛知県を中心に展開するパソコンショップ「グッドウィル」に残る1部だけとなった。
 そこで、ICKXが『ハウンドの勇気』の再リリースについてアンケートを実施している。回答期限は8月16日午後8時頃8月15日一杯
続きを読む