ICKXが早速ゼンリンのUnity向け3D都市モデルデータ「Japanese Otaku City」で空を飛べるようにしてみた

Project ICKX
  • 8月29日:『Japanese Otaku City R/C Flight』が更新、およびMac版が公開されたので追記。
  • 8月31日:『Japanese Otaku City R/C Flight』のデモ動画が更新されたので差し替え。

 地図の株式会社ゼンリンと株式会社ポケット・クエリーズが共同してゲーム製作者向けに制作した、秋葉原の街の3Dモデルデータ「Japanese Otaku City」が2014年8月27日にUnityアセットストアにて無償で公開された。

Unity向け3D都市モデルデータ「ZENRIN City Asset Series」|ゼンリン
リアルな街がゲームの舞台に!ゼンリンのゲーム開発用3D都市モデルデータがUnity初登場!

 聞くところによると、この3D都市モデルデータは実際の建物の外観が再現されている点に意義があるそうだが(実際の建物をそのまんまモデル化する事は場合によっては面倒な話になるっぽい。(cf.Wikipedia:井戸端 – 建造物や町並みの写真について))、将来は政令指定都市を中心とした日本21都市、及び欧州・北米の海外50都市以上のモデルを販売する予定だという。

……で、無償で使える都市モデルデータが公開されたということで、同人ゲームサークル「Project ICKX」が早速Japanese Otaku Cityで飛べるようにしちゃったりする。

Japanese Otaku City R/C Flight Playable Demo

 Project ICKXは現在新型ゲームエンジン(厳密には3Dフライトシューティングフレームワーク)「alternator(オルタネータ)」の開発を進めているが、そのalternatorとJapanese Otaku Cityを掛け合わせたのがこの動画。なお、alternatorによる作品として『VERTICAL STRIKE』の制作も進められていて、2014年夏コミ(コミックマーケット86)では体験版『VERTICAL STRIKE ENDLESS EDITION』 が頒布された。

VERTICAL STRIKE ENDLESS EDITION PV
9月20日より「三月兎」「コミックZIN」「げっちゅ屋」にて委託頒布開始。

 そして、Japanese Otaku Cityが公開されたその日に動画を出すだけに留まらず、その数時間後にはプレイアブルデモ『Japanese Otaku City R/C Flight』も公開して実際に飛べるようにしちゃったりする(『Japanese Otaku City R/C Flight』単体で動作します)。

Japanese Otaku City R/C Flight | Project ICKX
3Dフライトゲーム Japanese Otaku City R/C Flightの公式サイトです。
8月29日に『Japanese Otaku City R/C Flight』が更新、Mac版も公開された。

 ちょっち書いておくと、機体の操作方法・ボタン配置は『VERTICAL STRIKE』と同じである(cf.『VERTICAL STRIKE -ALTERNATIVE-』公式サイト)。
 ボタン配置や画面設定等を変更したい場合は、キーボードのスペースキーまたはコントローラーのSelectボタン or Backボタンを押すとポーズが掛かりメニューが表示されるので、「メニュー>オプション」を選択すると各種設定を行える(メニュー画面はマウスで操作可能)。
 またゲームコントローラーで操作したい人は、1つ1つボタン設定をする以外に、「オプション>コントローラー設定>キーコンフィグ#1~#3>プリセット設定の適用」でXbox360やPS3を始めとした各種コントローラーに合わせたプリセットを一発で設定する事も可能である。

『Japanese Otaku City RC Flight』ボタン設定 1
『Japanese Otaku City RC Flight』ボタン設定 2

 VSEやVSAをプレイした事がある人向けの情報も書いておくと、このデモには新たな機能が実装されている。画面の左上に「Gear Down => Up」「BGM 0:DEKU_01」というボタンがあってマウスでクリック出来るのだが、「Gear Down => Up」のボタンはランディングギアの上げ下げで、手動での離着陸が可能になっている

更新版からは兵装切り替えボタンでランディングギアの昇降が行えるようになった(cf.ICKX公式Twitter)。

 デモでは好きな場所……つーか“どこでも”着陸出来るそうなので、「ちょっと戦闘機で○○行ってくる」がやれますな。

 なお、デモに使われているBGM(BGM0、BGM1)はサークル「橙汁」の『スグリ』のBGM等で知られる【DEKU氏】が『VERTICAL STRIKE』用に書き下ろした曲で、動画にも使われているBGM3は音々亭の「明るい日常3(『間違った社員教育』にも使われている曲ですね)」である。

 また、デモ起動時に流れる管制官の声は「27日の夜に依頼して、わずか2時間ほどで納品された」という驚愕すべきモノだったり。

 最後に、参考としてICKXが数時間で『Japanese Otaku City R/C Flight』を制作かつ無料で公開に至った思考を紹介する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました