ファミ通が騒動の火消しに動く?[Halo4吹き替え声優変更問題(PART6)]

Halo4吹き替えキャスト変更問題
  • 11月3日:スオミ松崎氏のツイートを追加。

 スオミ松崎(BRZRK)氏が、ファミ通.comで書いた『Halo4』の記事の中で「Halo4吹き替えキャスト変更問題」に触れた。しかし、その内容は読者に吹き替えキャスト変更の問題点――なぜ抗議活動が行われているかを誤解させるものであった。誤った認識が広がってしまうのはよろしくないので、この記事でツッコミを入れさせていただく。

キャスト変更の問題点を誤解させる記事

ファミ通.com – 『Halo 4』発売直前プレビュー マスターチーフの戦いは終わらない!キャンペーンモードはいかなる進化を遂げたのか”より

あえて、タブー視されそうな点にも言及しようと思う。マスターチーフとコルタナを演じる声優さんが変更され、一部のユーザーが衝撃を受けていたようだけど(僕もそのひとり)、実際にゲームをプレイした感想としては、「別に気にならず。つーか、これでイイじゃん」と思った次第。まぁ、人それぞれ意見はあるだろうけど。

 スオミ松崎氏はタブーという言葉を使っているが、その癖になぜ騒ぎになったのか、抗議活動まで行われるようになったのは何故なのか、踏み込んだ内容を全く書いていませんよね。問題の本質に触れていないのはいつぞやの【Kotaku JAPANの記事】と同じである。

新キャストの声が合っているかどうかが問題になっているのではない

 スオミ松崎氏の記事とKotaku JAPANの記事が不味いのは、この騒動でファンが問題視しているのは「新キャストの小山力也さん、藤村歩さんの声がそれぞれマスターチーフとコルタナに合っているか否か」であると誤解される虞があるという点である。
 この問題で抗議活動が起こるにまで至ったのは、吹き替えキャストを変える必要が無いのにそれを変えたから、つまりキャストを変えること自体が有り得ないからである。

Halo4における吹き替えキャスト変更の問題点

 Halo4で吹き替えキャストを変更したことが何故ファンの反感を買っているかは次の通り。

 第1に、吹き替えキャストを変える必要が無いのに変えたから。旧三部作時代の10年の間、マスターチーフ役の谷昌樹さんとコルタナ役の小池亜希子さんを交代させろという不満の声は特に出ていない。「チーフとコルタナの声はこれだよね」とファンの間で定着していたわけであるが、それが今更変えられれば騒ぎになる。

 第2に、キャストを変更する理由が無い。そもそも本家である英語版では旧三部作でチーフを演じたSteve Downesさんとコルタナを演じたJen Taylorさんが続投している。英語版のキャストが変わっていないことから、演出などの理由でキャスト変更が必要なわけではないのが分かる。
 ちなみに、343Industriesの中の人はシアトルのイベント「PAX Prime」で、チーフの声は非常に個性的で重要であるキャラクターの設定や世界観は変更してはいけないものと語っている。

 第3に、キャスト変更を主導したとされる戸島壮太郎氏の説明は不十分かつ曖昧であり、結局のところキャスト変更は戸島氏の独り善がり、自己満足によるものである感が強い。

Togetter – HALO4、声優変更に対する反応
「大丈夫だ」と谷チーフが一言言ってくれれば安心できるかもしれない

 上記のTogetterでキャスト変更が発表された直後の戸島氏の説明が見れる。戸島氏はキャストを変更した理由に「HALO4では、ゲームにおけるチーフとコルタナの役割がこれまでとは少し異なります。」と言っているが、それならば英語版のキャストも変わっているはずである。また、「Xbox360『大』感謝祭」に送ったビデオレターで「セリフの量が膨大になり、難しい表現、エモーショナルな表現を演じきれる方を探した」結果キャストを変えたと説明しているが、これは谷さんや小池さん、旧三部作のローカライズスタッフの仕事を否定しているように受け取れる。これらに加えて「この決断には”僕自身の思い”が強く影響している」と言っていることから、結局のところキャスト変更は戸島氏の独り善がり、自己満足によるものでしかないのではとファンは不信感を抱いているのである。

 また、今回のキャスト変更は「小山さんと藤村さんのネームバリューを利用して新規層を獲得しよう」という思惑が透けて見える。だが、こういう話題性重視・商業主義優先のキャスト変更は反感を招きやすい。実際、『ザ・シンプソンズ MOVIE』が話題性を重視して吹き替えキャストを芸能人に変更し、十数年に渡り日本語版の制作に携わってきたキャストを蔑ろにした結果大炎上している。声優のネームバリューを利用したいのなら、『Halo4』からの新キャラに小山さんと藤村さんを起用すればいいだけの話じゃないかと思う。

 以上がHalo4における吹き替えキャスト変更の問題点である。だがスオミ松崎氏の記事とKotaku JAPANの記事は「新キャストの小山さん、藤村さんの声がそれぞれマスターチーフとコルタナに合っているかどうかで問題になっている」と読者に誤解させるものとなっている。論点のすり替えが起きてしまう可能性があるので不味いのだ。

戸島氏と日本マイクロソフトは今も不誠実を続けている

 感謝祭での発表以後、戸島氏と日本マイクロソフトはファンに対してキャスト変更の理由や経緯を説明せずに逃げ回っている。キャスト変更を納得してもらうための努力を一切せずに新キャストの声に慣れることを一方的に強制していては、ファンの不信感を更に強めてしまうのは分かっているだろうに。

追記

 この記事に反応したのか、スオミ松崎氏がこんなツイートをしている。

2度目の公開質問状を“書面”で日本マイクロソフトに送付 回答期限は11月20日[Halo4吹き替え声優変更問題(PART7)]
9月下旬に送った公開質問状が回答拒否されたのを受け、Halo4吹き替えキャスト変更反対運動は2度目の公開質問状を“書面”で日本マイクロソフトに送付した。
関連記事
日本版Haloを買う理由が無くなった日 『Halo5』でも吹き替えキャストは元に戻らず[Halo4吹き替え声優変更問題(PART18)]
『Halo5』の吹き替えキャストが発売日当日になってようやく発表されたが、マスターチーフとコルタナの声は元に戻らなかった。
谷チーフで『Halo2』のラストシーンが修正されるも、『4』の吹き替えは元に戻らず[Halo4吹き替え声優変更問題(PART16)]
『Halo:The Master Chief Collection』でも『4』の吹き替えは元に戻らなかった。その一方でアービターの声は旧三部作のままなのか?
DVD版『Halo4:FORWARD UNTO DAWN』で谷チーフが復活! だが問題はまだ解決していない[Halo4声優変更問題(PART13)]
『Halo4』と連動して制作された実写ドラマ『Halo4:FORWARD UNTO DAWN』。このDVDのレンタルが始まったのだが、吹き替え版でマスターチーフとコルタナのキャストが元に戻っているという。
戸島氏と日本マイクロソフトがだんまりを続けるのでMS本社に直訴へ[Halo4吹き替え声優変更問題(PART12)]
戸島壮太郎氏と日本マイクロソフトは相変わらずだんまりを続けているので、有志の方がマイクロソフト本社へこの問題に関する嘆願書を送った。
『Halo4』は発売から2週間経っても『Reach』の初週売上本数に及ばず[Halo4吹き替え声優変更問題(PART10)]
戸島壮太郎氏は「テコ入れ」のつもりでマスターチーフとコルタナの吹き替えキャストを変更したのだろうが、『Halo4』は発売から2週間の累計売上本数が『Reach』の初週売上を下回っている。
前夜祭でやっと戸島氏が沈黙を破るも、発言内容に矛盾あり[Halo4吹き替え声優変更問題(PART8)]
Halo4発売前夜祭で戸島壮太郎氏が有志の方からの質問に答えたという。しかし報告を読んだ限りでは、戸島氏の前夜祭での発言は吹き替えキャスト変更発表時以前の発言と矛盾していると感じた。
映画版『ザ・シンプソンズ』の過ちを繰り返す?[Halo4吹き替え声優変更問題(PART1)]
Haloシリーズの主役であるマスターチーフとコルタナの吹き替えキャストを『Halo4』で変更すると発表された事に対し、「変える必要が無いのになぜ変える」とシリーズファンが抗議活動を始めた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました